昌黎県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中華人民共和国 河北省 昌黎県
十里鋪郷の市街地から望む碣石山
十里鋪郷の市街地から望む碣石山
秦皇島市中の昌黎県の位置
秦皇島市中の昌黎県の位置
簡体字 昌黎
繁体字 昌黎
拼音 Chānglí
カタカナ転写 チャンリー
国家 中華人民共和国の旗 中華人民共和国
河北
地級市 秦皇島市
行政級別
面積
総面積 1,184 km²
人口
総人口(2004) 55 万人
経済
電話番号 0335
郵便番号 066500
行政区画代碼 130322
公式ウェブサイト http://www.changli.gov.cn/

昌黎県(しょうれい-けん)は中華人民共和国河北省秦皇島市に位置する

地理[編集]

昌黎県は東は撫寧区、西は唐山市灤州市と接する。京哈鉄路が通っている。南部は名勝の黄金海岸があり、避暑地である。「唐宋八大家」のひとり韓愈の故郷(郡望)とされ、韓昌黎(昌黎先生)の呼称がある。

歴史[編集]

遼朝により設置された広寧県を前身とする。1189年大定29年)、金朝により昌黎県と改称された。元初1270年至元7年)に撫寧県に編入されたが、1275年(至元12年)に再設置され現在に至る。

行政区画[編集]

  • 鎮:昌黎鎮、劉台荘鎮、新集鎮、荒佃荘鎮、泥井鎮、茹荷鎮、大蒲河鎮、竜家店鎮、安山鎮、朱各荘鎮、靖安鎮
  • 郷:十里鋪郷、馬坨店郷、団林郷、葛条港郷、両山郷

外部リンク[編集]

中国地名の変遷
建置 遼代
使用状況 昌黎県
北宋/広寧県
南宋/昌黎県
昌黎県
廃止(1270年)
昌黎県(1275年 再設置)
昌黎県
昌黎県
中華民国昌黎県
現代昌黎県