清元登子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
No image.svg 清元 登子 Golf pictogram.svg
Takako Kiyomoto
基本情報
名前 清元 登子
生年月日 (1939-06-15) 1939年6月15日
没年月日 (2017-09-16) 2017年9月16日(78歳没)
国籍 日本の旗 日本
出身地 熊本県熊本市
経歴
プロ転向 1974年
成績
優勝回数 日本女子:7勝
賞金ランク最高位 日本女子:3位(1975,1976)
殿堂表彰者
選出年 2017年
選出部門 レジェンド
2017年2月13日現在
テンプレートを表示

清元 登子(きよもと たかこ 1939年6月15日 - 2017年9月16日[1])は日本の女子プロゴルファーでゴルフ指導者、日本女子プロゴルフ協会副会長である。熊本県熊本市出身。

来歴[編集]

プロに転向する35歳まで、最強の女子アマチュアとして名を馳せ、1968年に行われた第1回の日本女子オープンでは、ベストアマチュアになった。1969年1972年1973年日本女子アマチュアゴルフ選手権競技で優勝。

1974年に35歳でプロ転向後、日本ツアーで7勝を挙げ、1977年にはアメリカツアーで2位タイになる快挙を成し遂げた。

1996年樋口久子が日本女子プロゴルフ協会会長に就任するまで、同協会の会長を務めていたが、樋口の就任により、副会長に退いた。

近年は、指導者として名声が高く、不動裕理大山志保古閑美保が清元の下で育った。

2017年9月16日、誤嚥性肺炎のため神奈川県横浜市内で死去。78歳没。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 女子ゴルフ界の大功労者、清元登子さん死去 78歳 - 日刊スポーツ 2017年9月27日

外部リンク[編集]