日本女子アマチュアゴルフ選手権競技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Golf pictogram.svg日本女子アマチュアゴルフ選手権競技
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 1959年
主催 日本ゴルフ協会(JGA)
競技方法 72ホールストローク
開催月 6月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
最少打数 272 日本の旗 西郷真央(2019年)
通算スコア -16 日本の旗 西郷真央(2019年)
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 寺岡沙弥香
テンプレートを表示

日本女子アマチュアゴルフ選手権競技(にほんじょしアマチュアゴルフせんしゅけんきょうぎ)は日本の女子アマチュアゴルフ日本一を決めるJGA 日本ゴルフ協会主催のトーナメント。

大会の方式は日本アマチュアゴルフ選手権競技と同じ。4日間72ホールのストロークプレーで優勝者を決める。2000年から15年までは2日間36ホールにわたるストロークプレーで上位32名がマッチプレーによるトーナメントで優勝者を決めていた。2020年は新型コロナの影響で中止。

過去には服部道子大山志保宮里藍諸見里しのぶらがその後有力プロへと育っており、登竜門的な大会となっている。 大会優勝者には、JLPGA主催のプロテスト1次,2次テストを免除され最終テストから出場出来る。

歴代優勝者(72Hストロークプレー時代)[編集]

  • 1959年:E.L.ジャコラ
  • 1960年:横河初子
  • 1961年:鈴木信子
  • 1962年:松波紘子
  • 1963年:田坪信子
  • 1964年:泉谷珠子
  • 1965年:泉谷珠子
  • 1966年:泉谷珠子
  • 1967年:泉谷珠子
  • 1968年:井福羽留子
  • 1969年:清元登子
  • 1970年:外山雅代
  • 1971年:橘道子
  • 1972年:清元登子
  • 1973年:清元登子
  • 1974年:山田まち子
  • 1975年:山田まち子
  • 1976年:石井羽留子
  • 1977年:加納由美子
  • 1978年:宮沢晴代
  • 1979年:小田美岐
  • 1980年:宮沢晴代
  • 1981年:原早里
  • 1982年:小林弘実
  • 1983年:松原寿江
  • 1984年:服部道子
  • 1985年:服部道子
  • 1986年:橋本愛子
  • 1987年:喜多麻子
  • 1988年:服部道子
  • 1989年:文平友恵
  • 1990年:元載淑
  • 1991年:斎藤美樹
  • 1992年:芳賀ゆきよ
  • 1993年:渡辺恵子
  • 1994年:大山志保
  • 1995年:米山みどり
  • 1996年:中島真弓
  • 1997年:中島真弓
  • 1998年:魏筠潔
  • 1999年:魏筠潔

歴代優勝者(36H+マッチプレー時代)[編集]

歴代優勝者(72Hストロークプレー)[編集]

Year 優勝者 開催コース トータル打数 優勝スコア 2位との差 2位(タイ) 備考
2016年 日本の旗高橋彩華 グランディ那須白河ゴルフクラブ 276 −12 3打差 日本の旗畑岡奈紗
2017年 日本の旗安田祐香 奈良国際ゴルフ倶楽部 274 −14 3打差 日本の旗 ☆佐渡山理莉 大会レコード
2018年 日本の旗吉田優利 嵐山カントリークラブ 287 −1 1打差 日本の旗上野菜々子
2019年 日本の旗西郷真央 エリエールGC松山 272 −16 2打差 日本の旗後藤未有
日本の旗 ・和久井麻由
大会レコード更新
2020年 コロナ禍の為中止
2021年 日本の旗尾関彩美悠 大山GC 278 −10 1打差 日本の旗 ☆手塚彩馨
2022年 日本の旗 ・寺岡沙弥香 岐阜関CC東C 276 −12 6打差 日本の旗 ・仲村果乃 2位と過去最大の6打差V

第1日から首位を守る初の完全Vだった。

2023年 不明の旗 秋田CC太平山・日本海C align=center align=center 不明の旗

☆大会シード選手

外部リンク[編集]