上原彩子 (ゴルファー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
No image.svg 上原 彩子 Golf pictogram.svg
Ayako Uehara
基本情報
名前 上原 彩子
生年月日 (1983-12-22) 1983年12月22日(33歳)
身長 160 cm (5 ft 3 in)
体重 52 kg (115 lb)
出身地 沖縄県那覇市
経歴
プロ転向 2004年
成績
優勝回数 日本女子:3回
初優勝 フジサンケイレディス (2008)
世界ランク最高位 41位(2011年7月25日)
賞金ランク最高位 日本女子:12位 (2009)
2011年8月1日現在
テンプレートを表示

上原 彩子(うえはら あやこ、1983年12月22日 - )は、沖縄県那覇市出身の日本の女子プロゴルファーおかやま山陽高等学校卒業。モスフードサービス所属。

姉は女子トライアスロンのトップ選手の千葉ちはる、その夫で義兄は同じくトライアスロンのトップ選手の千葉智雄

略歴[編集]

12歳からゴルフを始めた。1998年日本ジュニア女子12歳~14歳の部で優勝。

2000年~2002年JGA女子ナショナルチームメンバー。2002年日本女子アマ優勝。2003年日本女子オープン3位タイ。

2004年、プロテストにトップ合格したが、予想以上にプロの壁は厚く、予選落ちで終わることが多かった。2005年カトキチクイーンズで単独2位、アピタ・サークルK・サンクスレディスでも6位タイに入るなど上位に入賞し、実力を発揮し始めた。しかし2006年は低迷し、35試合出場中予選落ちが9試合で、We Love KOBE サントリーレディスオープンゴルフでの7アンダー4位タイが最高だった。

2006年のダイキンオーキッドレディス時のクラブセッティングでは、ドライバーはNc6(ロフト:9度 / シャフト:Diamana / フレックス:S)、FW&UTはFwC(3番15度、5番18度)・Dh6(3番19度)アイアンはNc6(5番-PW)、ウェッジのみマルマン・KSウェッジ プレミアム(52度、58度)を使用している。ただし比較的頻繁にクラブ調整を行うためギアセッティングは度々変更されることがある。

2008年4月フジサンケイレディスクラシックでツアー初勝利。

アマチュアの最後の頃から付き合いがあったウイルソン・スタッフと契約しクラブ、ボール、ウェアは同社製を使用、シューズはオークリーを使用していたが2009年よりブリヂストンと契約した。

2009年3月21日23日ヨコハマタイヤゴルフトーナメント PRGRレディスカップでツアー2勝目を挙げた。

2011年7月1日3日日医工女子オープンゴルフトーナメントでツアー3勝目を挙げた。

2012年からピンゴルフジャパン社と契約。

2013年米国女子プロゴルフツアー合格。

2013年6月23日米国女子プロゴルフツアーのアーカンソー選手権(アーカンソー州ロジャーズのピナクルCC、6389ヤード、パー71)の最終日の17番ホール(162ヤード、パー3)において、ティーショットで6番ハイブリッド(ロフト31度)を振り抜くと、打球はノーバウンドで直接カップインして、キャリア初のホールインワンを達成。ボールを拾い上げると、「これはあげられない」とポケットへ納め、「ピンしか見てなかった。最高でした。いいショットだった」とコメントした。大会の順位は、通算4アンダーで25位。

2016年6月25日米国女子ツアー「NW アーカンソー選手権 」9バーディ、ノーボギーの「62」(パー71)をマークし、9アンダーのロケットスタートを決めた。後続に2打差をつけ首位に立っている。

2016年11月11日国内女子「伊藤園レディス 」。自身の勘違いから68罰打を科せられる前代未聞の事態が起きた。初日のスコアは「141」(69オーバー)となり、18ホールの国内女子ツアー史上ワーストストロークを記録した。

人物[編集]

主な試合成績[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]