深見弾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

深見 弾(ふかみ だん/ただし[1]1936年6月15日[2] - 1992年7月28日[3])はロシア東欧SFの翻訳家、研究家。ストルガツキー兄弟(ロシア)やスタニスワフ・レム(ポーランド)など、多くの作品を日本語に翻訳した。また逆に日本の作品をロシア・東欧に紹介することにも取り組んだ(矢野徹によるとレーニン図書館へ資料を送るため毎月1万円以上を使っていた)[3]日本ペンクラブ日本SF作家クラブ日本推理作家協会、各会員[4]

主な訳書に『収容所惑星』、『ストーカー』、『そろそろ登れカタツムリ』(以上ストルガツキー)、『泰平ヨンの航星日誌』、『ロボット物語』、『宇宙飛行士ピルクス物語』(以上レム)などがある。SF以外にミステリ児童ものの翻訳もある。編訳書としては『ロシア・ソビエトSF傑作集(上・下)』、『東欧SF傑作集(上・下)』の二点がある。

本名の山田忠名義でも、英語からの翻訳がある[5]

2007年から、やはりロシアSF研究者の大野典宏が、著作権管理人に[6]。以降、大野は深見の訳本の改訳を行っている。

略歴[編集]

岐阜県岐阜市生まれ[3]。本名、山田忠。1958年、早稲田大学文学部を卒業(1988年には母校の文学部でソ連SF史について講義を行なった)[3]モスクワ大学に短期留学の経験あり[3]

1959年~1977年ロシア・ソ連専門書店・出版社ナウカ株式会社勤務[7]。仕入部長を経て、1979年よりフリー[8]。1968年よりロシア文学や東欧文学の翻訳に携わる[9]

SF同人誌「宇宙塵」には初期から関わり矢野徹らとも親交が深かった[3]。ロシアと共産主義を愛していたが、ソヴィエト連邦の実態についてはこれを憎んでいた[3]。1990年、翻訳の業績に関してカレル賞を受賞[3]。1992年に56歳で病死した[3]

深見弾名義[編集]

訳書[編集]

※一部分だけ担当した短編集は省いてあります。

フィクション[編集]

  • 『幽霊殺人』ストルガツキー兄弟、早川書房、1974年
  • 『顔に傷のある男』イェジィ・エディゲイ、早川書房 ハヤカワ・ポケット・ミステリ、1977年
  • 『収容所惑星』ストルガツキー兄弟、早川書房、1978年 のち文庫 
  • 『捜査』レム、早川文庫、1978年
  • 『ペンション殺人事件』イェジィ・エディゲイ、早川書房 ハヤカワ・ポケット・ミステリ、1978年
  • 『遙かな世界、果しなき海』ダルコ・スーヴィン編、関口時正共訳、早川書房、1979年
  • 『黄金の鎖』アレクサンドル・グリーン、早川文庫、1980年
  • 『泰平ヨンの航星日記』レム、ハヤカワ文庫、1980年 のち大野典宏共訳で「改訳版」がハヤカワ文庫 
  • 『すばらしきレムの世界』1-2 レム、講談社文庫、1980年
  • 『浴槽で発見された日記』レム、集英社、1980年
  • 『宇宙飛行士ピルクス物語』レム、早川書房、1980年 のちハヤカワ文庫収録に大野典宏改訳(深見訳名義のまま) 
  • 『異邦からの眺め』F・ロッテンシュタイナー編、早川文庫、1981年
  • 『泰平ヨンの回想記』レム、早川文庫、1981年
  • 『レムの宇宙カタログ』レム、F・ロッテンシュタイナー編、吉上昭三共訳、大和書房、1981年
  • 『蟻塚の中のかぶと虫』ストルガツキー兄弟、早川書房、1982年 のち文庫 
  • 『天の声』レム、サンリオSF文庫、1982年 のち『天の声・枯草熱』(国書刊行会)に収録に際して、沼野充義により改訳
  • 青い惑星 現代ソビエトSFシリーズ 6 オリガ・ラリオーノワ他 飯田規和共訳 プログレス出版所 発売:ナウカ 1982.5
  • 『ロボット物語』レム、早川文庫、1982年
  • 『銀河の破壊者』セルゲイ・スニェーゴフ、創元推理文庫、1983年
  • 『ストーカー』ストルガツキー兄弟、早川文庫、1983年 のち2014年にハヤカワ文庫で新版刊行時に大野典宏改訳(深見訳名義のまま)
  • 『泰平ヨンの現場検証』レム、早川文庫、1983年
  • 泰平ヨンの未来学会議』レム、集英社、1984年 のち大野典宏共訳で「改訳版」がハヤカワ文庫 
  • 『ペルセウス座進攻』セルゲイ・スニェーゴフ、創元推理文庫、1984年
  • 『逆時間の環』セルゲイ・スニェーゴフ、創元推理文庫、1985年
  • 『007は三度死ぬ』アンドレイ・グリャシキ、創元推理文庫、1985年
  • 『迷宮1000』ヤン・ヴァイス、創元推理文庫、1987年
  • 『スポンジ教授救出作戦』スタニスワフ・パガチェフスキ、ほるぷ出版、1988年
  • 『スポンジ教授の使命』パガチェフスキ、ほるぷ出版、1989年
  • 『世界終末十億年前 異常な状況で発見された手記』ストルガツキー兄弟、群像社、1989年
  • 『月曜日は土曜日に始まる 若い科学者のための物語』ストルガツキー兄弟、群像社、1989年
  • 『スポンジ教授とUFO』パガチェフスキ、ほるぷ出版、1989年
  • 『願望機』ストルガツキー兄弟、群像社、1989年
  • 『波が風を消す』ストルガツキー兄弟、ハヤカワ文庫、1990年
  • 『トロイカ物語』ストルガツキー兄弟、群像社、1990年
  • 『そろそろ登れカタツムリ』ストルガツキー兄弟、群像社、1991年
  • 『チェルノブィリからの脱出』ケネス・ロイス、徳間文庫、1992年
  • 『地獄から来た青年』ストルガツキー兄弟、群像社、1994年(深見が翻訳の途中で死去したため、大野典宏大山博翻訳。深見名義で刊行[10]

その他[編集]

  • 『太平洋古大陸の謎』アレクサンドル・コンドラトフ、大陸書房、1976年
  • 『マヤ文字の秘密』B・クジミシチェフ、大陸書房、1978年
  • 『ロシアより笑いをこめて - 世界のジョーク集 4』ジャンナ・ドルゴポーロワ、光文社文庫、1986年
  • 大笑い!ソ連激烈ジョーク集 大陸書房 1992.2

編訳書[編集]

  • 『ロシア・ソビエトSF傑作集(上・下)』 創元推理文庫 1979年
  • 『東欧SF傑作集(上・下)』 創元推理文庫 1980年
  • 『大笑い!ソ連激烈ジョーク集』大陸書房 1992年

山田忠名義[編集]

訳書[編集]

  • 激変の地球 I.ヴェリコフスキー 著,山田忠 訳 国書刊行会 1984 (超科学シリーズ ; 3)
  • 祖父たちの戦争 マレイ・ラインスター 著,山田忠 訳 早川書房 1984 (ハヤカワ文庫. SF メド・シップ)
  • 惑星封鎖命令! マレイ・ラインスター 著,山田忠 訳 早川書房 1985 (ハヤカワ文庫. SF メド・シップ)
  • 禁断の世界 マレイ・ラインスター 著,山田忠 訳 早川書房 1986 (ハヤカワ文庫. SF メド・シップ)
  • ビースト・マスター アンドレ・ノートン 著,山田忠 訳 早川書房 1986 (ハヤカワ文庫. SF)
  • ビースト・マスター 2 (雷神の怒り) アンドレ・ノートン 著,山田忠 訳 早川書房 1987 (ハヤカワ文庫. SF)

出典・脚注[編集]

  1. ^ 『現代翻訳者事典』(日外アソシエーツ、1985年)は「本人からの回答により」、読みを「だん」としている。早川書房国書刊行会の刊行物でも「だん」と表記されている。但し東京創元社の刊行物および国立国会図書館NDL-OPACでは「ただし」の読みを採っている(群像社では読みの記載なし)。
  2. ^ 『ソ連激烈ジョーク集』訳者紹介
  3. ^ a b c d e f g h i 『SFマガジン』1992年10月号
  4. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  5. ^ 『SFマガジン』2015年6月号、大野典宏による『ビースト・マスター』解説。
  6. ^ http://www.asahi-net.or.jp/~yx6n-oon/announcement.htm
  7. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  8. ^ 日外アソシエーツ現代人物情報より
  9. ^ 日本推理作家協会 会員紹介 http://www.mystery.or.jp/member/detail/0190
  10. ^ http://www.mystery.or.jp/member/detail/1005

主要参考資料[編集]