浦雅春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浦 雅春(うら まさはる、1948年12月26日 - )は、日本のロシア文学者、前東京大学大学院総合文化研究科教授

経歴[編集]

大阪府生まれ。大阪府立旭高等学校卒、1971年神戸市外国語大学ロシア語科卒業。1983年早稲田大学露文科大学院博士課程中退。1987年東京工業大学助教授。1994年東京大学教養学部助教授、96年教授。2013年定年退任。

著書[編集]

単著[編集]

共編著[編集]

  • 武隈喜一岩田貴)『ロシア・アヴァンギャルド(2)演劇の十月』(国書刊行会, 1988年)
  • (武隈喜一・岩田貴)『ロシア・アヴァンギャルド(1)未来派の実験』(国書刊行会, 1989年)

翻訳[編集]

岩田貴ほか2名と共訳:全3部の第1部、(未來社, 2008年)
  • チェーホフ『かもめ』(岩波文庫 2010年)
  • 『チェーホフ傑作短篇集』(河出文庫 2010年)
  • チェーホフ『桜の園・プロポーズ・熊』(光文社古典新訳文庫 2012年)

参考[編集]

  • 『駒場2001』