浅野祥雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
親鸞聖人の像(五色園)

浅野 祥雲(あさの しょううん、1891年 - 1978年[1])は、日本コンクリート像作家[1]。本名は、浅野高次郎。

略歴[編集]

1891年、岐阜県恵那郡坂本村(現:中津川市)に生まれる。父親は農業の傍ら、土人形を製作する職人であった。父の仕事を継いで土人形製作を始めるが、土では大きな作品がつくれないことから、コンクリートでの作成を思いついたという。1924年、33歳のとき名古屋に移住し、映画館の看板を描くなどして生計を立てる。1993年から祥雲とその作品群の研究・紹介をしてきたフリーライターの大竹敏之が確認した分で約800体の作品が現存する[1]。ほとんどが身長2メートル以上の人物像(仏像)で、コンクリートの表面にペンキで着色され、一箇所に集中して林立することが特徴である。リアルさ、稚拙さ、ユーモラスさを併せ持った作風で、一度見たら忘れられない強烈さから一部で人気を博している。大竹は祥雲を「唯一無二のコンクリ仏師」と表現している[1]

大竹が各施設で祥雲作品を見て調べ始めたが、作者名以外の情報は当初ほとんどなく、電話帳で浅野姓の人に電話をし続けて2人の娘に行き着き、美術学校は出ずに独学したことや頑固な人柄など取材が進むようになったと回想している[1]

作品の現存する主な施設[編集]

桃太郎の像(桃太郎神社)

これらのうち五色園、桃太郎神社、関ヶ原ウォーランドを大竹は「祥雲三大聖地」と紹介してきた[1]

その他[編集]

  • 2008年12月12日放送の『タモリ倶楽部』(テレビ朝日)において、「偉大なる造型家 浅野祥雲 没後30年記念 大回顧展!!」と題して作品が紹介された。
  • 2015年4月8日放送の『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日)において、「新・3大 浅野祥雲作・コンクリート像の“忘れられない表情”」と題して作品が紹介された。

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 大竹敏之『コンクリート魂 浅野祥雲大全』青月社、2014年 - 浅野祥雲研究家による初の作品集・研究書

外部リンク[編集]