津軽海伝藏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津軽海 伝藏(つがるうみ でんぞう、1928年5月13日 - 2013年7月14日)は、青森県南津軽郡(現黒石市)出身の元大相撲力士春日野部屋所属。本名は宇野 傳三(うの でんぞう)。身長167cm、体重79kg。得意手は、左四つ、寄り。最高位は西十両16枚目(1957年1月場所)。引退後は若者頭・津軽海として長く後進の指導に当たった。

来歴[編集]

第二次世界大戦中は満蒙開拓青少年義勇軍に加入し、中国大陸に渡っていた。終戦と共に、中国から引き揚げて郷里の青森に戻った。予てから相撲好きであったため、角界入りを決意し、知人から春日野部屋を紹介され入門。1948年5月場所で初土俵を踏んだ。小兵のため時間は掛かったが、粘り強く食い下がる相撲で着実に番付を上げていった。1957年1月場所に十両昇進。技巧派力士の代表格として期待されたが、腕の怪我の影響もあり十両では勝ち越すことは出来ず、十両在位は2場所に終わった。同年9月場所西幕下9枚目で2勝6敗と負け越したのを最後に現役を引退し、若者頭に就任した。若者頭就任後は、幕下以下の力士を徹底的に鍛え上げ、横綱栃ノ海など数多くの関取を見出し、1993年5月場所の定年退職までの長きに渡り後進の指導にあった。

退職後は千葉県千葉市に居住。大病を患い、車いす生活が続いていたが、孫に相撲を指導するなど、相撲に対する熱意は変わらなかった[1]。晩年の津軽海と堀切洸助(後の幕内、阿炎)の家族は親しかったようであり、ある大会で津軽海が車椅子で応援に来たところ、当時小学生であった堀切が率先して津軽海の世話を手伝った[2]

孫も2012年に角界入りし、玉ノ井部屋に入門。祖父と同じ「津軽海」の四股名を名乗っている。

2013年7月14日、多臓器不全のため千葉県内の病院で死去した[3]。85歳だった。

戦績[編集]

  • 通算成績:156勝157敗32休(34場所)
  • 十両成績:9勝21敗(2場所)

改名歴[編集]

  • 宇野 傳三(うの でんぞう)1948年5月場所 - 1950年1月場所
  • 津軽海 伝藏(つがるうみ でんぞう)1950年5月場所 - 1957年1月場所
  • 津軽海 伝三(つがるうみ でんぞう)1957年5月場所 - 1957年9月場所

[4] [5]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 孫に引き継ぐ津軽相撲/元若者頭・宇野傅三さん(黒石出身)”. 東奥日報 (2008年12月13日). 2013年7月18日閲覧。
  2. ^ 『相撲』2018年3月号 p.14-15
  3. ^ 宇野伝三氏=元日本相撲協会若者頭、元十両津軽海”. YOMIURI ONLINE(読売新聞) (2013年7月17日). 2013年7月17日閲覧。
  4. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709
  5. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=4200&l=j