河内湖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2006年の大阪府(参考)

河内湖(かわちこ)は、河内国北部・現在の大阪府東部にあったである。現在は河内平野になっている。

河内湾[編集]

紀元前約6000年–前約5000年ごろの縄文海進により海水が河内平野へ進入し、現在の枚方市付近を北限、東大阪市付近を東限として、上町台地生駒山地の間に河内湾と呼ばれるが形成された。

湾の北東岸には淀川が、南岸には大和川が流入し、三角州を形成していた。大和川の流路は現在とは異なり、柏原付近で北へ転じ、現在の長瀬川を流れていた。

古事記』によると、神武東征神武天皇は「浪速の渡」(なみはやのわたり)を越えて湾に侵入し楯津(古事記編纂時の「日下の蓼津」)に上陸した。比定される東大阪市日下は生駒山脈の麓であり、当時はほぼ山麓まで海が迫っていたことがうかがえる。

經浪速之渡而。泊青雲之白肩津。(中略) 故號其地謂楯津。於今者至日下之蓼津也。

— 古事記 中巻[1]

淡水化[編集]

時代が下るにつれ、次第に上町台地から北方へ砂州が伸びていき、弥生後期~古墳時代[2]、河内湾口は現在の新大阪・江坂付近をわずかに残してほぼ塞がれ、潟湖の河内湖となった。

淀川と大和川の水によって、河内湖は淡水化した。

縮小[編集]

河内湖は、淀川・大和川が運ぶ堆積物によってゆっくりと縮小していった。

紀元後も河内湖は残存しており、4世紀5世紀ごろには草香江(くさかえ)と呼ばれていた。

草香江は淀川・大和川の2つの大河川が流入してくる反面、排水口はかつて湾口だった上町台地から伸びる砂州の北端の1箇所のみであり、しばしば洪水を起こしていた。4世紀後期もしくは5世紀初期の仁徳天皇(オオサザキ大王)は上町台地上の難波に宮殿を置いたが、草香江の水害を解消するため砂州を開削して難波の堀江という排水路を築いた。

その後、河内湖の干拓・開発が急速に進んでいき、湖は湿地へと変わり縮小していく。江戸時代までに河内湖は深野池(大東市周辺)・新開池(東大阪市の鴻池新田周辺)の2つに分かれた部分のみが水域として残り、1704年の大和川付け替え工事後はこれらの水域も大和川と切り離され、周辺は新田として干拓された。

現在[編集]

現在この地は完全に陸地化し、河内湖の名残をとどめるのは、門真市弁天池大東市深野池のみである。

出典[編集]

  1. ^ 古事記本文 大阪大学大学院文学研究科教授 岡島昭浩
  2. ^ 大阪平野の変遷

参考サイト[編集]