沖縄警察署

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Asahikage.svg 沖縄警察署 Japanese Map symbol (Police station).svg
管轄区域 沖縄市
中頭郡北谷町
中頭郡北中城村
交番数 9(警備派出所含む:10)
駐在所数 3
所在地 904-0033
沖縄県沖縄市山里2丁目4番20号
位置 北緯26度19分11秒 東経127度47分33.5秒 / 北緯26.31972度 東経127.792639度 / 26.31972; 127.792639座標: 北緯26度19分11秒 東経127度47分33.5秒 / 北緯26.31972度 東経127.792639度 / 26.31972; 127.792639
外部リンク 沖縄警察署
特記事項 1974年(昭和49年)にコザ警察署から改名。
テンプレートを表示
胡屋に所在していた旧庁舎

沖縄警察署(おきなわけいさつしょ)は、沖縄県沖縄市山里にある沖縄県警察管轄の警察署。大規模警察署であり、署長警視正。管轄区域は沖縄市と中頭郡北谷町および同北中城村

所在地[編集]

  • 沖縄県沖縄市山里2丁目4番20号

プラザハウスショッピングセンター向かい。なお、旧庁舎は胡屋交差点近くの沖縄市胡屋2丁目4番3号に所在した。

管轄区域[編集]

概要[編集]

元々「コザ警察署」という名称だったが、1974年昭和49年)にコザ市と中頭郡美里村が合併し沖縄市になったのに伴い、現在の名称となる。

復帰前は具志川村(のちの具志川市で現在のうるま市)・与那城村勝連村(いずれも現在のうるま市)も管轄していたが、具志川村が市に昇格されたのを機に具志川警察署(現在のうるま警察署)に分離した。

かつては北中城村のうち、沖縄市との境界に近い島袋と比嘉の2集落も当警察署の管轄で、その他の地域は宜野湾警察署の管轄であったが、庁舎移転に伴い北中城村全域が沖縄警察署の管轄となった。

沖縄県道20号線の拡張工事に伴い国道330号沿いの沖縄市山里に移転し、2012年10月9日より新庁舎にて業務を開始した[1]

組織[編集]

出典:[2]

交番[編集]

  • コザ交番(沖縄市胡屋に所在の大型交番であり、交番所長は警部である。)
  • 越来交番(沖縄市越来)
  • 知花交番(沖縄市知花)
  • 中之町交番(沖縄市上地)
  • 桃原交番(沖縄市南桃原)
  • 泡瀬交番(沖縄市泡瀬)
  • 北谷交番(北谷町字上勢頭)
  • 北前交番(北谷町北谷)
  • 美浜警備派出所(北谷町字美浜)

駐在所[編集]

  • 大城駐在所(北中城村字大城)
  • 北中城駐在所(北中城村字仲順)
  • 砂辺駐在所(北谷町字砂辺)

大城駐在所、北中城駐在所は当庁舎の移転に伴う管轄区域の変更により、2012年12月1日をもって宜野湾警察署から移管された。

周辺[編集]

  • プラザハウスショッピングセンター

旧庁舎周辺[編集]

暴動[編集]

  • 1970年12月20日、在日アメリカ軍と地域住民が衝突するコザ暴動が発生。複数のアメリカ人(兵)が暴行を受け、多数の車両が放火されたほか、嘉手納基地近くにあったコザ警察署中之島派出所も投石で破壊された。琉球警察は全警察官に非常召集をかけたが、コザ警察署員の多くは前日に行われた「毒ガス即時全面撤去要求県民大会」の警備に駆り出されて自宅待機となっていたため初動に時間を要した。その中でも残っていた警察官に加え、署に駆け付けた知念副主席が陣頭指揮を執った。那覇市から機動隊が出動することで鎮静化に向かった[3]
  • 2022年1月27日未明、本署に出向中の宮崎県警察の警察官が、バイクで走行中の高校生を暴走族と誤認し、職務質問を行おうとした際、何らかの理由[注釈 1]で高校生と当該警官の警棒が接触し高校生は救急搬送された。この事件がSNSを中心に広まり、同日深夜から翌28日未明に本署前に被害者の仲間と見られる若者約300人が集まり、施設や車両の窓ガラスが破壊されるなどの大規模な襲撃を受けた[4][5][6]

主な未解決事件[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “沖縄署 新庁舎業務へ 跡地に「大型交番」来月9日”. 沖縄タイムス. (2012年9月27日). オリジナルの2012年10月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121017055220/http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-09-27_39518 2013年6月18日閲覧。 
  2. ^ 沖縄県警察の交番等の名称、位置及び所管区を定める規則(昭和47年5月15日公安委員会規則第3号) 別表”. 2013年6月18日閲覧。
  3. ^ 荒れ狂う沖縄の怨念 憲兵の車も襲い放火 催涙弾に投石で応酬『朝日新聞』1970年(昭和45年)12月21日朝刊 12版 3面
  4. ^ 警棒で殴られた? 右手が当たった? 高校生、警官と接触で右目失明 ネットで拡散し300人抗議の騒ぎに | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2022年2月1日閲覧。
  5. ^ 警察官、右手に警棒「強くぶつかった」 高校生失明 目撃者なく特定難航 | 沖縄タイムス+プラス ニュース” (日本語). 沖縄タイムス+プラス. 2022年2月1日閲覧。
  6. ^ [1]

注釈[編集]

  1. ^ 2022年2月1日現在、この事件は捜査中であり、高校生と当の警官で制止の有無で主張が食い違っている、高校生の訴える右目の失明が警棒によるものなのかが不明など事実が不確かなため。

外部リンク[編集]