池田市立池田小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池田市立池田小学校
Ikeda elementary school, Osaka, Japan, March 2015.jpg
過去の名称 池田第一番小学校
豊能郡池田尋常高等小学校
豊能郡池田第二尋常高等小学校
池田市池田尋常高等小学校
池田市池田国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 池田市
設立年月日 1873年
共学・別学 男女共学
小中一貫教育 施設分離型 (いけだ学園)
分校 市立池田病院院内学級
所在地 563-0054
大阪府池田市大和町1番4号
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

池田市立池田小学校(いけだしりつ いけだしょうがっこう)は、大阪府池田市大和町にある公立の小学校

概要[編集]

現在の池田市の市域で最初に設置された小学校として、1873年に創立した。池田市の中心部を校区としている。市立池田病院院内学級を設置し、同病院へ入院中の児童への教育を実施している。

校内には広島原爆で被爆した石を使った「平和の像」が設置され、平和学習の一環として活用されている。また講堂は、小学校の講堂としては日本全国をみても珍しい、固定席が設置された構造となっていた。しかし、体育館建設に伴い講堂を撤去し跡地に体育館を建設した。体育館をはじめとして、東西校舎も新しくなった。

附属池田小事件が起きた「大阪教育大学附属池田小学校」とは歴史的関係があるが現在は別の学校である。

沿革[編集]

  • 1873年 - 池田第一番小学校開校。
  • 1881年 - 池田小学校に改称。
  • 1909年 - 学校の一部に大阪府池田師範学校(大阪教育大学の前身校の一つ)の代用附属機能を持たせる。
    • 代用附属学級を池田第一尋常高等小学校(建石町)、一般学級を池田第二尋常高等小学校(室町)として分離。
  • 1917年 - 池田第二尋常高等小学校内に池田町立手芸女学校(大阪府立渋谷高等学校の前身)を併設。
  • 1919年 - 池田第一尋常高等小学校は池田師範学校附属小学校(現大阪教育大学附属池田小学校)として独立。池田第二尋常高等小学校は豊能郡池田尋常高等小学校に改称。
  • 1924年 - 現在地に移転。
  • 1939年 - 池田市の市制施行により、池田市池田尋常高等小学校に改称。
  • 1941年 - 国民学校令により、池田市池田国民学校に改称。
  • 1947年 - 学制改革により、池田市立池田小学校に改称。
  • 1952年 - 大阪大学・大阪学芸大学(現・大阪教育大学)の2大学より研究協力校の指定を受ける。
  • 1970年 - 学校給食優良校として、文部大臣表彰を受ける。
  • 1986年 - 「平和の像」を建立(広島市役所で被爆した石を礎石として設置)。
  • 1987年 - 文部省から、音楽科の研究校に指定される。
  • 1996年 - 大阪府教育委員会から、社会科生活科の研究校に指定される。
  • 2004年 - 池田市クォリティ・エデュケーション・モデル学校に指定される。

通学区域[編集]

  • 池田市 新町・綾羽1-2丁目・栄本町・城山町・建石町・上池田1-2丁目・城南1-3丁目・大和町・菅原町・栄町・槻木町・西本町。
    卒業生は池田市立池田中学校に進学する。

交通[編集]

参考文献[編集]

  • 池田市史編纂委員会 『新修池田市史 第三巻』、2009年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]