水産 (教科)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
水産実習から転送)
移動先: 案内検索

教科「水産」(すいさん)は、産業としての水産業の各分野に関する知識と技術を習得させることなどを目的とする教科。後期中等教育高等学校中等教育学校後期課程特別支援学校高等部)における専門教育に関する各教科(専門教科)の1つである。

教科「水産」は、「水産に関する学科」(水産学科)や、「総合学科」などで主に開講・学習される。

教科「水産」に属する科目の数は20にのぼり、そのいくつかと普通教科を組み合わせて教育課程を編成することで、主に専門学科や総合学科においては、学科の特色が活きるように配慮されている。

教科の目的[編集]

水産や海洋の各分野における生産や流通、環境などに関する基礎的・基本的な知識と技術を習得させ、水産業及び海洋関連産業の意義や役割を理解させるとともに、それらの諸課題を主体的、合理的に解決し、それらの産業の充実と社会の発展を図る創造的な能力と実践的な態度を育てる。(高等学校学習指導要領から)

科目[編集]

  • 「水産に関する学科」における「原則履修科目」(2科目)
  • 「水産に関する学科」における「共通的な基礎科目」(2科目)
    • 「総合実習」「水産情報技術」
  • 「水産に関する学科」における「選択的な基礎科目」 (2科目)
    • 「漁業」「航海・計器」
  • 各分野に関する科目(14科目)
    • 漁船運用
    • 船用機関
    • 機械設計工作
    • 電気工学
    • 通信工学
    • 電気通信理論
    • 栽培漁業
    • 水産生物
    • 海洋環境
    • 操船
    • 水産食品製造
    • 水産食品管理
    • 水産流通
    • ダイビング

水産に関する学科[編集]

水産に関する学科(すいさんにかんするがっか)は、高等学校設置基準(平成16年文部科学省令第20号)に規定されている専門教育を主とする学科の1つ。専門教科「水産」を中心に履修し、高等学校学習指導要領(平成11年文部省告示第58号)により「水産基礎」及び「課題研究」が原則履修科目として指定されている。

学科例[編集]

「水産に関する学科」の例としては次のようなものがある。

  • 漁業科[1]
  • 海洋漁業科[2]
  • 水産工学科[2]
  • 情報通信科[2]
  • 栽培漁業科[2]
  • 水産食品科[2]
  • 水産製造科[1]
  • 水産増殖科[1]

履修科目例[編集]

「水産に関する学科」のにおいて履修する科目の例としては次のようなものがある。

  • 航海系(航海科など)
    • 「操船」「海洋環境」
  • 漁業系(水産科など)
    • 「栽培漁業」「水産食品製造」

設置状況[編集]

「水産に関する学科」は、ほぼ全ての水産高等学校及び海洋高等学校に設置されている。実習船などを必要とするため、普通高等学校実業高等学校への設置は比較的少数である。

近年は、少子化の影響により、全国各地で高等学校統廃合の動きがみられる。主な例として、日本初の水産高等学校だった福井県立小浜水産高等学校は、2013年(平成25年)統合により福井県立若狭高等学校海洋科学科となった。2015年(平成27年)小浜水産高等学校は、閉校となったものの現在は、福井県立若狭高等学校海洋キャンパスとして利用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 高等学校設置基準(昭和23年文部省令第1号)による。
  2. ^ a b c d e 高等学校学習指導要領(平成元年文部省告示第26号)による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]