数学B

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

数学B(すうがくビー)は、日本高等学校における数学科目の一つである。現行学習指導要領下での本科目は2012年度より学年進行で実施されている。

内容の変遷[編集]

各項目の括弧は前学習指導要領における科目名を示している。

1994年4月施行[編集]

数学Iを履修した後に履修させ、4項目中2項目以上を選択履修させることとされた。

  1. 複素数複素数平面
    1. 複素数:複素数の計算、2次方程式、解と係数の関係、因数定理、簡単な高次方程式(数学I
    2. 複素数平面:複素数の図表示、ド・モアブルの定理(復活)
  2. ベクトル
    1. 平面上のベクトル:ベクトルとその演算、ベクトルの成分、ベクトルの応用(数学II代数・幾何)、ベクトルの内積(代数・幾何)
    2. 空間座標とベクトル:空間座標、空間におけるベクトル(代数・幾何)
  3. 確率分布(数学II、確率・統計
    1. 確率の計算:条件付き確率、確率の乗法定理、事象の独立・従属
    2. 確率分布:確率変数と確率分布、確率変数の平均分散標準偏差二項分布
  4. 算法コンピュータ(数学II)
    1. コンピュータの機能、いろいろな算法のプログラム

2003年4月施行[編集]

原則として数学Iを履修した後に履修させ、4項目中2項目以上を選択履修させることとされた。

  1. 数列(数学A)
    1. 数列とその和:等差数列等比数列、数列{n2}、階差数列など
    2. 漸化式数学的帰納法:隣接2項間の漸化式、数学的帰納法
  2. ベクトル(数学B)
    1. 平面上のベクトル:ベクトルとその演算、ベクトルの成分、ベクトルの内積、ベクトルの応用
    2. 空間座標とベクトル:空間座標、空間におけるベクトル
  3. 統計とコンピュータ
    1. 資料の整理:度数分布表(小6、中2)、散布図(中2)
    2. 資料の分析:代表値(中2)、分散、標準偏差、相関係数(数学C)
  4. 数値計算とコンピュータ(数学A、数学B、数学C)
    1. 簡単なプログラム
    2. いろいろなアルゴリズム整数の計算、近似値の計算

2012年4月施行[編集]

原則として数学Iを履修した後に履修させ、3項目中2項目以上を選択履修させることとされている。

  1. 数列(数学B)
    1. 数列とその和:等差数列、等比数列、数列{n2}、階差数列
    2. 漸化式と数学的帰納法:隣接2項間の漸化式、数学的帰納法
  2. ベクトル(数学B)
    1. 平面上のベクトル:ベクトルとその演算、ベクトルの成分、ベクトルの内積、ベクトルの応用
    2. 空間座標とベクトル:空間座標、空間におけるベクトル
  3. 確率分布と統計的な推測(数学C)
    1. 確率分布:確率変数と確率分布、確率変数の平均・分散・標準偏差、二項分布、正規分布
    2. 統計的な推測:母集団標本、統計的な推測の考え(推定検定

関連項目[編集]