数学A

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

数学A(すうがくエー)は、日本高等学校における数学科目の一つである。現行学習指導要領下での本科目は2012年度より学年進行で実施されている。

内容の変遷[ソースを編集]

各項目の括弧は前学習指導要領における科目名を示している。

1994年4月施行[ソースを編集]

数学Iとの並行履修、あるいは数学Iを履修した後に履修させ、4項目中2項目以上を選択履修させることとされた。

  1. 数と式(数学I
    1. 整式とその計算:乗法公式、因数分解を含む
    2. 実数:実数の分類、平方根を含む式の計算
    3. 式と証明恒等式等式の証明、不等式の証明、命題と証明
  2. 数列
    1. 数列とその和:等差数列等比数列階差数列、数列{n2}(数学II基礎解析
    2. 漸化式数学的帰納法:隣接2項間の漸化式(数学II、基礎解析)、数学的帰納法(基礎解析)
    3. 二項定理パスカルの三角形確率・統計
  3. 平面幾何(新規)
    1. 三角形の性質(中学校)
    2. の性質:方べきの定理(中学校)
    3. 軌跡作図(数学I、中学校)
    4. 合同変換相似変換
  4. 計算コンピュータ(数学II)
    1. コンピュータの操作、流れ図プログラム、コンピュータによる計算

2003年4月施行[ソースを編集]

原則として数学基礎または数学Iとの並行履修、あるいは数学基礎または数学Iを履修した後に履修させ、すべての項目を履修させることとされた。

  1. 個数の処理(数学I)
    1. 集合とその要素の個数
    2. 和の法則・積の法則
    3. 順列:円順列、重複順列などを含む
    4. 組合せ:二項定理を含む
  2. 確率(数学I)
    1. 確率とその基本的な法則、独立な試行と確率、期待値
  3. 命題と証明(数学A)
  4. 平面図形(中学校、数学A)
    1. 三角形の性質:重心内心外心など
    2. 円の性質:四角形が円に内接する条件、方べきの定理,二つの円の位置関係など

2012年4月施行[ソースを編集]

原則として数学Iとの並行履修、あるいは数学Iを履修した後に履修させ、3項目中2項目以上を選択履修させることとされている。

  1. 場合の数と確率
    1. 場合の数(数学A)
      1. 集合の要素の個数
      2. 和の法則・積の法則
      3. 順列:円順列、重複順列などを含む
      4. 組合せ
    2. 確率
      1. 確率とその基本的な法則(数学A)
      2. 独立な試行と確率(数学A)
      3. 条件付き確率(数学C):確率の乗法定理を含む
  2. 整数の性質(新規)
    1. 約数と倍数
    2. ユークリッドの互除法
    3. 整数の性質の活用:n進法など
  3. 図形の性質
    1. 三角形の性質:重心内心外心など(数学A)
    2. 円の性質:四角形が円に内接する条件、方べきの定理,二つの円の位置関係など(数学A)
    3. 作図(復活)
    4. 空間図形(新規):空間における直線平面多面体

関連項目[ソースを編集]