武田光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たけだ こうたろう
武田 光太郎
本名 武田 光太郎
生年月日 (1956-05-05) 1956年5月5日(65歳)
出生地 日本の旗 日本東京都世田谷区成城
血液型 O
職業 俳優
ジャンル 舞台、朗読
活動期間 1978年
活動内容 1976年:帝国劇場『ハムレット』でデビュー。
公式サイト 武田光太郎演劇朗読ギャラリー
主な作品
武田光太郎ポエティックリサイタル1 - 14回
 
受賞
日本新劇俳優協会 朗読フェスティバル奨励賞2回受賞
テンプレートを表示

武田 光太郎(たけだ こうたろう、1956年5月5日 - )は、東京都出身の俳優朗読家詩人。身長は172cm、体重は68kg。特技はダンス、日舞乗馬。趣味は読書、絵画、映画、スキー、ゴルフ。

経歴[編集]

父は洋画家・武田範芳(フランス美術家連盟会員、1989年没)。文化学院卒。「アートサロン光琳」経営。読売カルチャー常任講師。日本新劇俳優協会会員。株式会社レオコーポレーション代表。

武田真治の親戚である。5歳から12歳までフランスに行ききしていた両親、その間姉 梢(現在一級建築士・構造士)と東京で生活していた。母はファッションデザイナーの妙子(伊東茂平門下)。

地元狛江第三小学校から明治学院中学校に入学、最初は寄宿舎に入っていた。密かに受けた、当時老舗子供劇団だった劇団こじかに入団。学業とのバランスに悩み、三年の1月に地元狛江第二中学校に転校。元中学校から内申書も発行されないまま盈進学園高等学校に。

新劇俳優になる事を決心して文化学院文学部演劇科に入学。そこで尊敬する長岡輝子氏、北城真記子氏、利光哲夫ニコラ・バタイユ氏両師匠に出会う。卒業後、蜷川幸雄氏にスカウトされ、帝国劇場ハムレット』でデビュー。歴史上の人物も数多く演じている女役、男役を交互に演じ男女時代時空を超えた不思議俳優の王道を着実に歩んでいる。二十代前半からはじめた『星の王子様』、詩の朗読公演ポエテックリサイタルは14回を超え各地で朗読ライブ、講演会も精力的に行っている。

主な出演[編集]

舞台[編集]

朗読公演[編集]

  • 武田光太郎ポエティックリサイタル Part1 - Part14(1979年 - 2010年、TOKYO FMホール/ニッパーズギンザ/THEハウス白金 他)
  • 語りつぐことば『こどもたちの未来のために』
    • 東京大空襲偏(2004年)
    • 沖縄 広島偏(2008年)
  • 日韓ドラマリーディング『自転車』(2005年、シアタートラム)※主演作品
  • 武田光太郎ポエティックライブ『春を想う』(2005年)
  • 日韓ドラマリーディング『山火』(2007年、シアタートラム)
  • イリノイのリンカン(2007年、衎芸舘)
  • 狛江第三小学校(2013年)『ようこそ先輩』 - オーケストラをバックに母校で『スーホの白い馬』朗読
  • 武田範芳生誕100年記念ライブ(2013年、泉の森会館) 武田光太郎が父を語る
  • われらが日本国憲法リーディング公演(2014年8月) ハーバート・ノーマン
  • 桜隊追悼朗読(2014年8月6日 五百羅漢寺仲みどりの生涯とそのカルテ
  • 追悼(神山寛)スタジオhanabiクリスマス朗読公演(2018年12月)
  • ロストインクリスマス 堀光太郎とリーディングライブ(2019年12月)5人の女を演じる

ディナーショー[編集]

映画[編集]

  • 婦人科病棟(1981年)斉藤典章役
  • 男達のパッション(1983年)※主演作品

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

創作戯曲作品[編集]

外部リンク[編集]