梶井功

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

梶井 功(かじい いそし、1926年9月21日[1] - )は、日本の農業経済学者、東京農工大学名誉教授[1]。第15期・16期日本学術会議会員[2][1]

新潟県佐渡郡相川町生まれ[1]。1950年東京大学農学部農業経済学科卒業[1]。1961年「農業生産力の展開構造」で農学博士。64年鹿児島大学農学部助教授、1967年教授[1]。1971年東京農工大学農学部教授、1988年農学部長、1990年定年退官、東京農業大学農学部教授[1]。1995年東京農工大学学長、2001年退任[1]

 既存統計を加工、駆使しての分析は他の研究者の追随を許さないものである。反面、統計もないような新しい事象の分析には、研究対象外として冷淡であり、新しい動向を見過ごすという欠陥がある。[要出典]

著書[編集]

  • 『農業生産力の展開構造』弘文堂 1961
  • 『南九州零細農地帯における農民諸階層と農地移動 南九州酪農部落での』農政調査会 1966
  • 『基本法農政下の農業問題』東京大学出版会 1970
  • 『小企業農の存立条件』東京大学出版会 1973
  • 『農地法的土地所有の崩壊』農林統計協会 1977
  • 『土地政策と農業』家の光協会 1979 今日の農業問題
  • 『現代農政論』柏書房 1986
  • 梶井功著作集』全7巻 筑波書房
第1巻 (農業生産力の展開構造 1986
第2巻 (基本法農政下の農業問題 1987
第3巻 (小企業農の存立条件) 1987
第4巻 (農村人口論・労働力論 1987
第5巻 (農地法的土地所有の崩壊) 1987
第6巻 (畜産の展開と土地利用)1988
第7巻 (食糧需給政策と価格政策) 1988
  • 『もう一つの農政論 隻眼須憑自主張』農林統計協会 1990
  • 『日本農業のゆくえ』1994 岩波ジュニア新書
  • 『続・もう一つの農政論』農林統計協会 1996
  • 『国際化農政期の農業問題』家の光協会 1997
  • 『農業構造の変化と農地制度』全国農業会議所 1999
  • 『新基本法と日本農業』家の光協会 2000
  • 『WTO時代の食料・農業問題』家の光協会 2003
  • 『日本農業 分析と提言』筑波書房 2003
  • 『小泉「構造改革農政」への危惧』農林統計協会 2006 もう一つの農政論

共編著[編集]

  • 『日本漁村の過剰人口』近藤康男共著 東京大学出版会 1956 漁業問題叢書
  • 『限界地農業の展開 鹿児島県農業論』編 御茶の水書房 1971
  • 『農業機械銀行 マシーネンリングと日本への適用』石光研二共著 家の光協会 1972
  • 『農業経済学の軌跡 農業経済学会50年の歩み』逸見謙三共編 農林統計協会 1981
  • 『農産物過剰 その構造と需給調整の課題』編著 明文書房 1981
  • 『畜産経営と土地利用』編 農山漁村文化協会 1982
  • 『日本農業再編の戦略』編著 柏書房 1982
  • 『集団的農用地利用 新しい土地利用秩序をめざして』高橋正郎共編著 筑波書房 1983
  • 『畜産的土地利用の現状と展開方向』編著 中央畜産会 1984
  • 『土地利用方式論 日本的土地利用の方向』編著 農林統計協会 1986
  • 『農業改革の理論』編著 農林統計協会 1988
  • 『農業の基本法制 問題点と改正試論』編 家の光協会 1992
  • 『農業問題その外延と内包』編著 農山漁村文化協会 1997
  • 『興亡の国を支えて 二〇世紀農政の教訓』川野重任共編著 家の光協会 2001
  • 『「農」を論ず 日本農業の再生を求めて』編著 農林統計協会 2011 

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 『現代人名録2002』第1巻 p1872
  2. ^ 農業土木学会誌 Vol. 60 (1992) No. 4 P 349-350 学術会講だよりNo.24 doi:10.11408/jjsidre1965.60.4_349