柳田邦夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳田 邦夫(やなぎだ くにお、1932年3月7日[1] - 1988年3月1日[2])は日本の編集者ジャーナリスト。筆名に小川晴夏(春香)、小原壮八[3]日本ジャーナリストクラブ会員[4]

略歴[編集]

鹿児島県鹿児島市出身[5]ラ・サール高等学校卒。

1959年、学習院大学政経学部政治学科卒業[6]中央公論社に入社。「中央公論」「週刊公論」「暮しの設計」などの雑誌編集に携わったあと、1969年「思想の科学」天皇制特集号事件で労組委員長として闘争し、退職[7]

のちフリーのジャーナリスト、編集者として活躍した。

1959年、加太こうじタカクラ・テル佐藤忠男福田定良らと「大衆芸術研究会」を創設。

著書[編集]

  • 『団地文明論―住んで見たこと・考えたこと』(1963年) 産報
  • 『書き言葉のシェルパ―それでも君はジャーナリストになれるか!』 (1978年5月) 晩聲社
  • 『強豪木谷一門の秘密―知的戦闘集団』現代新社 (1979年)
  • 『公務員への道 君たちの将来は』ポプラ社 (1979年)
  • 『自己対決の論理 異能・異才は組織を救う』PHP研究所 1981
  • 『"不要な親"にならないために これから親と教師になる方々へ』第三文明社・灯台ブックス (1982年)
  • 創価学会名誉会長池田大作は何を考えているか』ロングセラーズ (1983年)
  • 『ジャーナリズム読本』青峰社(1985年)
  • 『ギタさんの現代人物怪快伝―異風堂々怪人十二面相』コア 1985年
  • 『ジャーナリスト精神』晩声社 1991

共編書[編集]

家族[編集]

妻は俳人柳田芽衣(「鴎座」(松田ひろむ代表)顧問同人)、長男はジャーナリスト柳田大元で、2001年10月難民の取材のためアフガニスタンに入り、タリバンに26日間拘束されている[8]。長女の夫は野村進

参考[編集]

民俗学者柳田國男、ノンフィクション作家、評論家の柳田邦男(1936年生れ)としばしば混同されるが別人。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  2. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  3. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  4. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  5. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  6. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  7. ^ 日外アソシエーツ原題人物情報より
  8. ^ 柳田大元タリバン拘束日記』(2002年9月20日西峰社