邑井操

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

邑井操(むらい みさお、1912年2月1日 - 1996年6月17日)は、日本の講談師、評論家。川村真二は実子。

略歴[編集]

東京出身。本名は川村義太郎。日本大学中退。シベリアに抑留され、1947年帰国。引き揚げ促進運動に尽くす。1952年4代邑井貞吉に入門して講談師となり、斬新な演目で注目される。のち企業組織内の人間関係を中心に講演・評論活動をおこなった[1]

1959年、加太こうじ森秀人鶴見俊輔佐藤忠男虫明亜呂無らと大衆芸術研究会を創設[2]

著書[編集]

  • 『不況に勝ち抜く法 先人に学ぶ体験実話』文陽社
  • 『心の通う話し方 成功する話術のコツ』文陽社
  • 『世渡り戦法 新ビジネスマン読本』文陽社
  • 『朝日対毎日』(東京選書)東京ライフ社 1957
  • 『事業家風雲録』文陽社 1957
  • 『はなし方の魅力』文陽堂 1957
  • 『日本の大衆芸術 : 民衆の涙と笑い』加太こうじ浅井昭治佐藤忠男虫明亜呂無森秀人柳田邦夫鶴見俊輔共著、現代教養文庫 1962
  • 『現代の武将たち 昔の英雄・今の事業家』(銀河新書)大和書房 1964
  • 『現代の秀吉たち』(銀河新書)大和書房 1964
  • 『太閤記 豊臣秀吉風雲録』(ペンギン・ブックス)大和書房 1965
  • 『秀吉と家康 乱世を生きた二つの個性』(ペンギンブックス)大和書房 1965
  • 『維新の群像』 現代教養文庫 社会思想社 1965
  • 源義経 孤独の涯』(ペンギン・ブックス)大和書房 1966
  • 『義経と頼朝 敗者の栄光と勝者の悲惨』(ペンギン・ブックス)大和書房 1966
  • 真田幸村とその一党 家康を震憾させた英気と反骨』(ペンギン・ブックス)大和書房 1967
  • 『明治・大正・昭和100人の財界人 エピソードにみる人物史』ダイヤモンド社 1967
  • 西郷隆盛と志士群像 維新を動かした英傑たち』(ペンギン・ブックス)大和書房 1967
  • 『人をどう動かすか 眠れる意欲に火をつける奇跡の戦略』大和書房 1968
  • 『闘魂の記録 現代企業に生きる武将群の精神と戦略』市場新聞社 1968
  • 『人を生かす名経営 意欲を開発し指導力を身につける本』(ダイワブックス)大和書房 1969
  • 『チャンスに勝負した人々 勝利を握った人たちの生の記録』日本スーパー商事株式会社出版部 1969
  • 『説得の秘伝集 人を感動させる名場面』(ダイワブックス)大和書房 1970
  • 『若者たちへ どんな生きがいを求めるか』大和書房 1972 のち文庫
  • 『話術の魅力 あなたに幅と深みをつける』ダイヤモンド社 1972
  • 『人をどう動かすか 能力・魅力・話力の開発』大和出版販売 1973
  • 『元禄よもやま話 人と事件と風俗と』大和出版販売 1974
  • 『伸びる男はどこがちがうか 会社で自分を生かす100の知恵』ダイヤモンド社 1974 のち新潮文庫
  • 『収容所列島の人間学』新人物往来社 1974
  • 『人を動かす力 他人を生かして自分も生きよ』日本実業出版社 1975 のち新潮文庫
  • 『説得力101の法則 人を納得させ自発的に動かすノーハウ集』日本実業出版社 1975
  • 『発想を逆転する格言集』大和出版販売 1975 「果報は練って待て 明日を切り拓く逆転ことわざ100」(新潮文庫)
  • 『男の値打ちは何で決まるか もっと大きな仕事をするための知恵95』ダイヤモンド社 1975 のち新潮文庫
  • 『人の心をつかむ 古今の名指導者にみる60の法則』PHP研究所 1976 「心をつかみ、人を動かす 古今の名指導者にみる60の法則」PHP文庫
  • 『先を読む眼・人を見る眼 本質を見ぬく男の視点100』ダイヤモンド社 1976 のち新潮文庫
  • 『決断の法則 男が美しく燃える瞬間』ぱるす出版 1976 のち三笠書房・知的生きかた文庫
  • 『上役操縦のコツ 鬼を仏にかえる59の知恵』日本経済通信社 1976
  • 『事をなす男の条件 うまくいくものはこれだからうまくいく』ぱるす出版 1977
  • 『ホンモノとニセモノ 人生の機微を洞察する』マネジメント社 1978
  • 『男らしい責任のとり方 いさぎよく、哀しく、そしてしたたかに』ダイヤモンド社 1978 「責任のとり方」(PHP文庫)
  • 『器量をつくる 窮屈な時代に大きく生きる』PHP研究所 1978 のち文庫
  • 『サラリーマンの統率力 失敗しない組織づくり人づくり』大和出版 1979
  • 『必勝の論理挫折の論理』にっかん書房 1980 「必勝の法則」(知的生きかた文庫)m「勝ちぐせをつける 失敗を成功に変えるセオリー」(PHP文庫)
  • 『人間の誇り 自己の尊巌と魂の価値に目覚めよう』(邑井操の人間学シリーズ 第1巻)ぱるす出版 1980
  • 『人間の勇気 したいことをする決め手は勇気である』(邑井操の人間学シリーズ 2)ぱるす出版 1981 「勇気が湧きでる本」(知的生きかた文庫)
  • 『「大将」の器 部下の心をいかにつかむか』PHP研究所 1981 のち文庫
  • 『男は勝たねば面白くない 必勝不敗の人間学』ダイヤモンド社 1982 のち新潮文庫
  • 『元禄-転換期の群像 人と事件と風俗のすべて』大和出版 1982
  • 『サラリーマン楽しく生きるにはこれしかない 運命操縦・自由自在』PHP研究所 1982
  • 『人の上に立つ人の魅力 何が男の値打を決めるのか』日本実業出版社 1983
  • 『遅咲きの人間学 大器晩成のすすめ』PHP研究所 1984 のち文庫
  • 『父親は背中で語れ 逞しさと優しさをどこに見たか』ダイヤモンド社 1984
  • 『「生私奉公」が会社を伸ばす』講談社ビジネス 1986
  • 『男は切れ味 ここ一番の人間力』ダイヤモンド社 1987「なぜこの人は成功するのか」(PHP文庫)
  • 『人望力 人をひきつける力とは何か』PHP研究所 1987 のち文庫
  • 『人間力統率力 人を動かす"人徳"とは何か』大和出版 1988
  • 『大器の片鱗 実力者はどこが違うのか』PHP研究所 1989
  • 『人間的魅力 自分の<持ち味>を生かし、磨きあげる法』大和出版 1990
  • 『自信が湧きでる言葉』(知的生きかた文庫)三笠書房 1990
  • 『大人学小人学 <大気力>で生きた男の器量と値打ち』大和出版 1990
  • 『今の自分から「一歩」踏み出せ!』三笠書房 1991
  • 『男は男のどこに惚れるか 人がついてくる人間の条件』大和出版 1991
  • 『人柄がものを言う いま問われる人間の魅力』ダイヤモンド社 1992
  • 『自尊力 人を魅力的にする力とは何か』PHP研究所 1992
  • 『成功の秘訣-人の心をつかめ』経営書院 1993
  • 『本物の魅力 自分を生かしきった男だけが「人生の醍醐味」を味わうことができる!』大和出版 1993
  • 『人生の転機に立ったら読む本 考えなくてはいけないこと、悩んでも仕方のないこと』PHP研究所 1993
  • 『中庸の生き方 今、日本人が忘れてしまったもの』大和出版 1994
  • 『大きく笑える人に運は開ける 人生"一日一楽"のすすめ』大和出版 1995
  • 『自愛の人間学 自分を生かしきる知恵』ダイヤモンド社 1995
  • 『われに明治の父ありき 戦地の息子と内地の父を結んだ229通の手紙』川村真二日本経済新聞出版社 2012

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 森秀人『実録 我が草莽伝』(東京白川書院)P.16