松平義行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平義行
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 明暦2年11月9日1656年12月24日
死没 正徳5年8月3日1715年8月31日
改名 岩之丞・源次郎(源二郎)(幼名)
戒名 祟厳院殿廊譽俊月体道大居士
官位 従四位下、権少将、摂津
幕府 江戸幕府
主君 徳川綱吉家宣家継
信濃高井藩主→美濃高須藩
氏族 尾張徳川家高須松平家
父母 父:徳川光友、母:徳川家光の長女・千代姫
兄弟 徳川綱誠義行義昌康永友重友著貴姫直姫
正室毛利綱広の娘・青陽院(吉姫)
継室榊原政房の娘・嶺松院(松姫)
源之助孫次郎弁之助武雅吉五郎鐵五郎
養子義孝

松平 義行(まつだいら よしゆき)は、信濃高井藩主、のち美濃高須藩の初代藩主

生涯[編集]

尾張藩主・徳川光友の次男(実は三男)。母は3代将軍徳川家光の長女・千代姫

寛文6年(1666年)、従四位下・権少将・摂津守を授与される。延宝年間には、松平越後家の後嗣候補、徳川将軍家家綱の後継候補に挙がる。天和元年(1681年)、将軍家光の外孫ということで信濃に3万石の新知を認められ、元禄13年(1700年)に美濃国高須に移封され、その初代藩主となる。子の多くは夭折したため、元禄14年(1701年)、甥で徳川綱誠十五男の義孝を養嗣子に迎える。正徳5年(1715年)、60歳で死去した。なお、義孝との養子縁組後に誕生し、唯一生き残った四男・武雅は、後に6代将軍・徳川家宣の弟・松平清武の養嗣子となって越智松平家を継ぐこととなった。

藩主の入れ替えが頻繁に続く尾張徳川家の後見をしていたことでも知られる。

系譜[編集]