松平義昌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平義昌
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安4年11月18日1651年12月30日
死没 正徳3年閏5月20日1713年7月12日
改名 次郎太(幼名)→義則(初名)→義昌
別名 通称:出雲
戒名 得安院殿
官位 従四位下出雲左近衛少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家綱綱吉家宣家継
陸奥梁川藩
氏族 徳川氏尾張徳川家)→梁川松平家
父母 父:徳川光友、母:樋口信孝娘・勘解由小路
養母:徳川光友正室・霊仙院
兄弟 徳川綱誠、豊姫、義行
直姫(徳川家綱養女)、義昌
貴姫浅野綱長正室)、友著
養兄弟[1]定姫有馬頼元継室)、
智姫織田信武正室)、
園姫浅野長照室)、
清姫(織田信武継室)
正室:丹羽光重娘・久勝院
側室:副田氏
稲姫(長女、伊東祐崇継室)、
義方(五男)、義武計8男6女
養女:榮姫(顕了院、内大臣櫛笥隆慶娘、内藤政貞継室)

松平 義昌(まつだいら よしまさ)は、江戸時代前期から中期にかけての大名陸奥国梁川藩初代藩主。

経歴[編集]

慶安4年(1651年)、尾張藩2代藩主・徳川光友の三男[2]として誕生。寛文11年(1671年)6月8日、丹羽光重の娘と婚姻し、大久保邸に移り大久保松平家と通称されるようになる。延宝6年(1678年)7月26日、儀利から義昌に改名。

寛文6年(1666年)3月28日、従四位下出雲守左近衛少将に任じられる。天和3年(1683年)8月、幕府より3万石を与えられて、尾張藩御連枝(分家)として陸奥梁川藩を立藩。領地に赴くことなく江戸に定府し、名古屋城下にも邸を構えた。城下町の建設や役人制度、新田開発、検地などに努めて藩政を確立した。一方、物価高騰による藩財政の窮乏から、元禄8年(1695年)以降にたびたび年貢率を引き上げ、新たに課役を設けるなどしたため、農民の負担も重くした[3]。元禄6年(1693年)8月1日、江戸本庄に御下屋敷5,000坪を拝領。

正徳3年(1713年)正月から病を得て、閏5月20日に死去。跡を五男・義賢(義方)が継いだ。

系譜[編集]

子女

  • 長男:茂林院(早世)
  • 次男:徳雲院(早世)
  • 長女:稲姫(伊東祐崇継室)
  • 次女:春林院(早世)
  • 三女:沖姫(早世)
  • 三男:友太郎(悟慎院:早世)
  • 四女:和姫(心光院:早世)
  • 四男:萬次郎(寳林院:早世)
  • 五男:松平義方
  • 六男:松平義武(安窓院・長次郎・伊織・義喬)
  • 五女:法智院(早世)
  • 六女:富姫(珠月院:早世)
  • 七男:理體院(早世)
  • 八男:春梢院(早世)
  • 養女:榮姫(顕了院:内大臣櫛笥隆慶娘、内藤政貞継室)

脚注[編集]

  1. ^ いずれも広幡忠幸の娘。
  2. ^ 実際は長男だが母が側室のため三男として扱われた。
  3. ^ 『徳川・松平一族の事典』

史料[編集]

  • 『尾張徳川家系譜』
  • 徳川実紀
  • 『尾藩世記』

出典[編集]

  • 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』(東京堂出版、2009年)