松平義敏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平義敏
時代 江戸時代中期
生誕 享保19年1月18日1734年2月21日
死没 明和8年4月28日1771年6月10日
改名 秀之助(幼名)
戒名 蒼岳院
墓所 高須行基寺
官位 従四位下、左少将、中務大輔
幕府 江戸幕府
主君 徳川吉宗家重家治
美濃高須藩
氏族 高須松平家
父母 父:徳川宗勝
兄弟 萬彌、徳川宗睦義敏勝当勝長勝綱竹腰勝起井上正国内藤頼多勝鷹内藤政脩
正室松平頼寛の娘・
徳川治行(長男)、義裕(次男)、裕民(三男)、娘(上杉治広正室)

松平 義敏(まつだいら よしとし)は、美濃国高須藩の第4代藩主。

生涯[編集]

高須藩の第3代藩主でのち尾張藩主となった徳川宗勝の三男として生まれる。

元文4年(1739年)2月3日、父義淳(徳川宗勝)が本家の尾張藩を相続したため、家督を相続する。延享8年(1751年)8月15日、徳川吉宗らに拝謁する。同年12月18日、従五位下中務大輔に叙任する。ただちに従四位下左少将に昇進する。宝暦7年(1757年)、高須藩領で洪水が多く、減収が目立つことから、幕府から3000両を賜る。明和2年(1765年)7月24日、高須から駒野に陣屋を移す許可を得る。明和8年(1771年)、38歳で死去した。跡は長男の義柄(後の徳川治行)が継いだ。