松平義端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
松平義端
時代 江戸時代後期
生誕 安政5年6月4日1858年7月14日
死没 万延元年5月18日1860年7月6日
改名 秀麿(幼名)→義端
戒名 泰巌院殿瑞譽秀光映林大童子
墓所 岐阜県海津市南濃町上野河戸の行基寺
官位 なし
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂
美濃高須藩
氏族 高須松平家
父母 父:徳川茂徳、母:丹羽長富娘・政姫
兄弟 義端徳川達道
養兄弟:徳川義宜
なし
なし

松平 義端(まつだいら よしまさ)は、江戸時代後期の大名美濃国高須藩12代藩主。

生涯[編集]

11代藩主・松平義比(のちの尾張藩徳川茂徳一橋家当主徳川茂栄)の長男として誕生。母は丹羽長富の娘。幼名は秀麿

安政5年(1858年)8月、安政の大獄の処分により伯父の尾張藩主・徳川慶恕の隠居謹慎に伴って父・義比(改め茂徳)がその跡を継いだため、生後2か月で高須松平家の家督を継ぎ、早くもとして義端を名乗るが、万延元年(1860年)5月18日、僅か3歳で死去した。

嗣子はなく、叔父の義勇が跡を継いだ。