松平勝長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 勝長(まつだいら かつなが、元文2年8月14日1737年9月8日[1] - 文化8年9月13日1811年10月29日))は、江戸時代画家尾張藩士。幼名は勇之助。画号は鳳山。尾張藩主徳川宗勝の第六子で、徳川勝長とも名乗った。子に睦英、勇丸がいる(共に早世)。

江戸に生まれる。寛延元年(1748年)に元服し、勝長と名乗る。また、同年には従四位下左近衛権少将・掃部頭に任じられた。

尾張侯画員の岩井正斎に絵を学び、画家としても活動した。

脚注[編集]

  1. ^ 『尾張家御系譜』では享保20年(1735年)とも記されているが、「実ハ」としてこちらの生年が正しいとしている。

参考文献[編集]

  • 「美術人名事典」思文閣
  • 「尾張家御系譜」(『徳川諸家系譜』第2巻)