松平義方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
松平義方
時代 江戸時代中期
生誕 貞享3年10月9日1686年11月24日
死没 享保6年3月16日1721年4月12日[1]
改名 久太郎/求馬(幼名)→義賢(初名)→義方
戒名 晴寥院殿[1]
墓所 東京都の傅通院
官位 従五位下右近将監右近大夫従四位下出雲侍従左近衛権少将
幕府 江戸幕府
主君 徳川家継吉宗
陸奥梁川藩
氏族 梁川松平家
父母 父:松平義昌、母:副田氏
養母:松平義昌正室:久勝院丹羽光重娘)
兄弟 稲姫(伊東祐崇継室)、義方義武
正室:浅野綱長娘・於三
義真(長男)、
近姫(徳川宗春養女、上杉宗房正室)

松平 義方(まつだいら よしかた)は、江戸時代中期の大名陸奥国梁川藩2代藩主。

経歴[編集]

貞享3年(1686年)、初代藩主・松平義昌の五男として誕生。貞享4年(1687年)12月9日、誕生お披露目。尾張藩2代藩主・徳川光友御簾中千代姫に初対面する。元禄元年(1688年)11月15日御髪置。同3年(1690年)1月25日御着袴。同4年(1691年)10月14日疱瘡を患う。同6年(1693年)4月15日、求馬義賢と改名する。同年7月1日、5代将軍徳川綱吉に初御目見する。同13年(1700年)12月12日前髮執。同月21日、従五位下侍従右近大夫に叙任される。同14年(1701年)2月16日右近将監に転任する[2]

宝永4年(1707年)4月21日、浅野綱長の娘・於三と婚礼、4月28日に婚姻御礼に登城する。正徳3年(1713年)7月6日、父の死去で家督を継ぐ。同年12月3日、出雲守に転任する。同4年(1714年)12月18日に従四位下左近衛権少将に昇叙・出雲守はそのまま。義方と改名する[1]。藩財政の窮乏から、父の代以上に年貢率を引き上げ、新税を設置して重税を強いるなど、農民からの収奪を強化した[3]

享保6年(1721年)3月16日、死去。享年36。跡を長男・義真が継いだ。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『名古屋叢書三編』第一巻 尾張徳川家系譜
  2. ^ 徳川実紀
  3. ^ 『徳川・松平一族の事典』

出典[編集]

  • 『名古屋叢書三編』第一巻 尾張徳川家系譜
  • 徳川実紀
  • 工藤寛正 編『徳川・松平一族の事典』(東京堂出版、2009年)