松平義真

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松平 義真(まつだいら よしざね、享保3年6月1日(1718年6月28日) - 享保14年5月5日1729年6月1日[1])は、尾張徳川御連枝陸奥国梁川藩の第3代藩主。第2代藩主・松平義方の長男。母は浅野綱長の娘現成院。正室なし。官位は従五位下、従四位下、式部大輔、侍従。幼名は求馬。

享保5年11月25日髪置。享保6年5月2日(1721年)、父義方の死去により跡を継ぐ。享保8年1月4日、尾張藩徳川継友に初対顔。しかし幼少のため、藩政は家老によって執り行なわれた。享保11年5月8日、将軍徳川吉宗に初御目見。享保13年(1728年)12月に叙任するが、翌年5月10日にもともと病弱だったことから12歳で早世する。戒名は善暁院殿本誉速證源然大居士。正室はなく嗣子もおらず、梁川藩は改易となる。同年8月11日に本家の尾張藩から松平通春(後の徳川宗春)が再興することとなる。墓所は東京都文京区小石川伝通院

脚注[編集]

  1. ^ 名古屋市蓬左文庫 『名古屋叢書三編 第一巻 尾張徳川家系譜』』 名古屋市教育委員会、1988年、299頁(日本語)。生没年を正徳4年5月29日-享保14年5月10日とするものもあり、前掲書213頁参照。ただし実母現成院の項には生年を享保3年とする。前掲書294頁参照。