東海神駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
東海神駅
HigashiKaijin T4 20151226 (cropped).jpg
T4出入口(2015年12月26日
ひがしかいじん
Higashi-kaijin
TR01 西船橋 (2.1km)
(4.0km) 飯山満 TR03
千葉県船橋市海神二丁目15番地地下1号
駅番号 TR02
所属事業者 東葉高速鉄道
所属路線 東葉高速線
キロ程 2.1km(西船橋起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
4,109人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1996年平成8年)4月27日[1]
テンプレートを表示
T1出入口(2007年5月3日)

東海神駅(ひがしかいじんえき)は、千葉県船橋市海神二丁目にある、東葉高速鉄道東葉高速線である。駅番号TR02

歴史[編集]

駅構造[編集]

  • 1面2線の島式ホームを持つ地下駅。ホームは地下2階で、改札は地下1階に1か所ある。自動改札機の他、有人改札口がある。
  • ホームと改札を結ぶ階段はホームに対して西船橋側と東葉勝田台側の2か所あるが、エスカレーターは西船橋側のみ設置されている。改札内の同じフロアにトイレ(西船橋方向)がある。
  • 地下1階は、線路に沿って自由通路があり、地上からは深い。西船橋側(T1海神方面)と東葉勝田台側(T4夏見方面)の出入口2か所(階段と通常は上り方向のみのエスカレーター)ある。
  • ホームから地上までエレベーターおよび車椅子対応エスカレーターがあるが、地下1階から地上階行きエレベーターは、東葉勝田台側(T4夏見方面)の出入口にのみ設置されている。
  • 西船橋側出口を出ると目の前に東武野田線の高架線路があるが、同線の新船橋駅、あるいは船橋駅京成船橋駅方面やバス停へは東葉勝田台側の出口に向かう必要がある。
  • 飯山満方面に渡り線があり、非常時には当駅で折り返し運転をすることがある。その際、当駅から船橋駅に乗客を誘導することがある。東海神行きの車外/車内LED、車内LCD表示器に関しては、東葉高速車、東京メトロ車共に設定可能である。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先 備考
1 TR 東葉高速線 下り 北習志野東葉勝田台方面
2 上り 西船橋大手町中野方面 西船橋駅から Subway TokyoTozai.png 東西線へ直通
東西線中野駅から JB 中央線(各駅停車)へ直通

利用状況[編集]

2017年度の一日平均乗車人員は4,109人である[千葉県統計 1]

駅周辺[編集]

船橋ツインビル(イトーヨーカドー船橋店)

駅東側には千葉県道9号船橋松戸線(区間の通称:市場通り)、千葉県道288号夏見小室線が走り、周辺地域ではマンション建設が進み、利用者が増加傾向にある。当駅北方の旭硝子工場等の跡地には、イオンモール船橋、プラウド船橋、船橋市保健福祉センターなどの大規模施設が建設されている。約1キロメートル圏内にはJR総武線船橋駅京成船橋駅(徒歩約10分)、東武アーバンパークライン新船橋駅(徒歩約10分)、京成電鉄本線海神駅(徒歩約12分)が位置する。振替輸送時のみに扱われるため、乗り換え案内はされていない。

都市計画道路等の計画はあるが既存住宅地が密集しているため、事業計画や認可の遅れから駅前整備もなく設けられたため駅前ロータリーなどはなく、バス停および船橋市設置の駅駐輪場から駅は200メートルほど離れている。駅北側を走る千葉県道9号船橋松戸線の延伸および交差点改良後、バス停が東海神駅入口に改名された。

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行事業者 所管 備考
東海神駅入口 船35 日本建鉄前・山手三丁目 船橋駅北口 船橋新京成バス 鎌ヶ谷 建鉄循環
 
船81
船82
  船橋新京成バス
京成バス
鎌ヶ谷
市川
平日のみ
船橋新京成バスと京成バスの共同運行路線
船81 日本建鉄前・行田団地 船橋法典駅
船82 日本建鉄前 行田団地

隣の駅[編集]

東葉高速鉄道
TR 東葉高速線(東葉高速線内は全列車各駅に停車)
西船橋駅 (TR01) - 東海神駅 (TR02) - 飯山満駅 (TR03)

脚注[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “21世紀に向け“発進” 東葉高速鉄道 盛大に開業祝う”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 13. (1996年4月28日) 
  2. ^ “東葉高速線の駅名決まる”. 千葉日報 (千葉日報社): pp. 16. (1995年8月18日) 

利用状況[編集]

私鉄の統計データ
千葉県統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]