東海林弘靖

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
しょうじ ひろやす
東海林 弘靖
生誕 1958年
日本の旗 日本 福島県
国籍 日本の旗 日本
出身校 工学院大学大学院建築学専攻
職業 照明デザイナー
公式サイト www.lightdesign.jp

東海林 弘靖(しょうじ ひろやす、1958年 - )は、日本の照明デザイナー。LIGHTDESIGN INC.代表。東京 銀座にスタジオを構え建築照明デザインを中心に活動する。日本国際照明デザイナーズ協会 専務理事([1]

来歴[編集]

光と建築空間との関係に興味を持ち、建築デザインから照明デザインの道へ。 1990年から地球上の感動的な光と出会うために世界中を探索調査、アラスカのオーロラ、サハラ砂漠の月夜、パプアニューギニアの蛍の木など自然界の美しい光を取材し続けている。光との出会いの感動を糧に空間における光の在り方を探求し、照明デザインを行っている。([2]

2011年の東日本大震災を経験し、「照明とは人間にとってどんな意味を持つのか」という根源的な問いを持つに至った。直後、取材で訪れたパプアニューギニアにおいて、ヤシの実を絞ったオイルランプを灯す村の長老の「照明は命のシンボル」という言葉に大きく心を動かされた。帰国後、「照明とは人間にとってどんな意味を持つのか」という問いに対して、決して暗い場所をただ明るくするという利便性や、ただ美しい光景を求めたものではなく、照明を灯すことは、人間の人生の時間をより厚みのあるものにすることが本来の目的であると考えるようになった。([3]

2012年から2013年にかけて行った名古屋第二赤十字病院 新生児集中治療室の照明デザインは、「低照度・明印象環境 」をコンセプトに床面照度は低く維持しながらも、訪れた人を光で包むような、人に優しい環境をつくることを目指してつくられた。([4])このプロジェクト以降、東海林弘靖の照明デザインの特徴は「美暗」と称される。([5]

主なプロジェクト[編集]

名称 アーキテクト  所在地
まつもとしみんげいじゅつかん/まつもと市民芸術館 2004 伊東豊雄建築設計事務所 長野県
とみひろしびじゅつかん/富弘美術館 2005 aat+ヨコミゾマコト建築設計事務所 群馬県
めいそうのもりしえいさいじょう/瞑想の森市営斎場 2006 伊東豊雄建築設計事務所 岐阜県
ざ・こうえんじ/座・高円寺 2008 伊東豊雄建築設計事務所 東京都
ぞうのはなぱーく/象の鼻パーク 2009 ランドスケープデザイン:小泉アトリエ/技術協力:オンサイト計画設計事務所/
実施設計協力:ランズ計画研究所+創和計画|スクリーン設計:小泉アトリエ
神奈川県
しんちとせくうこうこくさいせんりょかくたーみなるびる/新千歳空港国際線旅客ターミナルビル 2010 日建設計・日本空港コンサルタンツ・ARAP JAPAN・久米設計 設計共同企業体 北海道
やおこーかわごえびじゅつかん/ヤオコー川越美術館(三栖右嗣記念館) 2011 伊東豊雄建築設計事務所 埼玉県
しずおかししみずぶんかかいかん/静岡市清水文化会館 2012 槇総合計画事務所・大成建設設計共同企業体 静岡県
ぎゃらくしーそほ/Galaxy SOHO 2012 ザハ・ハディド・ アーキテクト 中国 北京
なごやだいにせきじゅうじびょういんえぬあいしーゆー/名古屋第二赤十字病院NICU 2013 山下設計 愛知県
まーくいずみなとみらい/MARK IS みなとみらい 2013 三菱地所設計 神奈川県
けいおうきちじょうじえきびる/京王吉祥寺駅ビル 2014 日建設計 東京都
すかいそほ/Sky SOHO 2014 ザハ・ハディド・ アーキテクト 中国 上海
わんじんそほ/Wangjing SOHO 2014 ザハ・ハディド・ アーキテクト 中国 北京
ながれやましりつおおたかのもりしょう・ちゅうがっこう、おおたかのもりせんたーこどもとしょかん/流山市立おおたかの森小・中学校、
おおたかの森センター こども図書館
2015 C+A / Coelacanth and Associates 千葉県
ふたこたまがわらいず/二子玉川ライズ 2015 [II-a街区]日建設計,アール・アイ・エー,東急設計コンサルタント設計共同企業体
[I-a.b, II-b, III 街区  街区] アール・アイ・エー/東急設計コンサルタント/日本設計 設計共同体
デザイン監修:コンラン&パートナーズ
東京都
とうきゅうぷらざぎんざ ふぁさーど/東急プラザ銀座 ファサード 2016 日建設計 東京都
やくしじ じきどう ないじん/薬師寺 食堂 内陣 2017 伊東豊雄建築設計事務所 奈良県

受賞歴[編集]

主な著書[編集]

  • 2007年- 『デリシャス・ライティング』(TOTO出版)
  • 2011年- 『日本の照明はまぶしすぎる』(角川書店

テレビ出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本国際照明デザイナーズ協会HP http://ialdjapan.jp/about/organization.html
  2. ^ 『AERA』時代の肖像-東海林弘靖, 文=三宅玲子,朝日新聞出版, 2009年,64-68頁
  3. ^ 「旅のチカラ」, NHK BSプレミアム、2011年8月2日放送
  4. ^ 『NICU mate vol.38』NICUにおける理想の光環境を求めて, 名古屋第二赤十字病院 第一新生児科部長 田中太平 著, アトムメディカル株式会社,2013年,8-10頁
  5. ^ 「プロフェッショナル仕事の流儀」, NHK総合テレビジョン、2016年12月5日放送

外部リンク[編集]