東北194号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東北194号は、イネ品種の1つ。大崎市域に含まれるJA古川、JAいわでやま、JAみどりの管内で生産された東北194号は「ささ結」の登録商標[1]で一般販売されている[2]

概要[編集]

ササニシキ」を母、「ひとめぼれ」を父として宮城県古川農業試験場において2001年交配され、2007年に「東北194号」の系統名が付けられ、2012年に品種登録された。2015年より宮城県内で一般作付が開始され、同年産米は160トンが市場に出回る見込み[3]。 ササニシキは長らく東北地方(おもに宮城県)の主力品種であったが、寒さに弱いという致命的な弱点があり、1993年の記録的な冷害に伴う大凶作(1993年米騒動)をきっかけに大きく作付面積を減らした。その一方で、コシヒカリ系統のコメには無い「粘りが少なく、あっさりとした食感」が和食寿司等に相性が良く、希少価値が高いこと等から、ササニシキの弱点を補完した後継品種の開発が進められた。その結果、ササニシキに替わって宮城県の主力品種に成長したひとめぼれとの交配により、ササニシキの特徴を受け継ぎつつ、ひとめぼれの持つ耐冷性の強さ等が補完された「東北194号」が誕生した。

特徴[編集]

品質、食味ともにササニシキの特徴を良く受け継いでいる。生態的には、ササニシキの弱点である耐冷性等が、ひとめぼれと同等の水準にまで達しているため、ササニシキよりも栽培が容易になっている[4]。このため、ササニシキに替わる和食や寿司等との相性が良いコメとして、安定生産が見込める。

販売戦略[編集]

2015年6月に、大崎市や古川農業試験場、JA、流通業者、実需者等によって大崎市役所内に設立された「大崎の米『ささ結』ブランドコンソーシアム」を中心にブランド確立を目指している[5][6]。大崎市域に含まれるJA古川、JAいわでやま、JAみどりの管内で生産された東北194号は「ささ結」の登録商標で統一パッケージにて一般販売されているが、品種名では無い。このため、宮城県内の別の地域で生産されている東北194号は、ささ結という名称を謳うことができない[7]。しかし、一部報道ではささ結を「新品種」としている[8]。コメは、JAS法に基づく「玄米及び精米品質表示基準」により、品質に関する表示(一括表示)が義務付けられているが、2016年2月現在では「東北194号」が品種名であるため、一括表示欄の「品種名」の欄に「ささ結」と表示することはできず、「東北194号」と表示しなければならない。また、ササニシキ自体の作付も宮城県内で継続して行なわれている。これらの点は、今後の東北194号の販売拡大に際しての課題であると考えられる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]