東亜道路工業

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東亜道路から転送)
移動先: 案内検索
東亜道路工業株式会社
Toa Road Corporation
Toa-Road-Corp-Building-01.jpg
本社ビル(東京都港区六本木)
種類 株式会社
市場情報
東証1部 1882
略称 東亜道路
本社所在地 日本の旗 日本
106-0032
東京都港区六本木7丁目3番7号
設立 1930年(昭和5年)11月28日
業種 建設業
法人番号 7010401020201
事業内容 土木工事建設業
代表者 代表取締役社長 森下協一
資本金 75億8,418万8,930円
(2012年3月31日現在)
発行済株式総数 5,220万239株
売上高 連結:1,031億5,600万円
単体:808億3,900万円
(2012年3月期)
営業利益 連結:27億1,500万円
単体:20億1,800万円
(2012年3月期)
純利益 連結:18億5,300万円
単体:15億1,000万円
(2012年3月期)
純資産 連結:213億9,400万円
単体:201億3,300万円
(2012年3月31日現在)
総資産 連結:735億5,100万円
単体:669億3,900万円
(2012年3月31日現在)
従業員数 連結:1,475人
単体:968人(2011年3月31日現在)
決算期 3月末日
主要株主 日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口) 5.31%
横浜銀行 4.61%
三井住友銀行 3.96%
東亜道路従業員持株会 3.89%
主要子会社 (株)東亜利根ボーリング
姶建産業(株)
三重中央アスコン(株)ほか
外部リンク http://www.toadoro.co.jp/
テンプレートを表示

東亜道路工業株式会社(とうあどうろこうぎょう、英文商号:Toa Road Corporation)は、東京都港区六本木に本部を置く日本建設会社

日本の非ゼネコンでは、珍しい独立系の道路舗装大手で、アスファルト乳剤では最大手。官公需比率が高いのが特徴。

企業情報[編集]

本社・事業所[編集]

沿革[編集]

  • 1930年(昭和5年) - 日本ビチュマルス株式会社を設立し、本店を東京に開設
  • 1942年(昭和17年) - 商号を東亜道路工業株式会社に改称
  • 1946年(昭和21年) - 商号をビチュマルス道路工業株式会社に改称
  • 1951年(昭和26年) - 商号を現在の東亜道路工業株式会社へと改称
  • 1959年(昭和34年) - 株式を東京店頭市場に公開
  • 1961年(昭和36年) - 東京証券取引所市場第2部に上場
  • 1970年(昭和45年) - 東京証券取引所市場第1部に指定替
  • 1998年(平成10年) - ISO9002認証取得

主な施工実績[編集]

関連企業[編集]

資本・業務提携
子会社

傘下の子会社については、持株会社として「株式会社トーアホールディング」を設立し、その傘下に全ての関係会社(連結子会社・持分法適用会社)を置く経営体制をとっている[1]

  • 富士グリーンテック施設株式会社
  • 三重中央アスコン株式会社
  • 久留米アスコン株式会社
その他関連企業
  • 株式会社東亜利根ボーリング(HP
  • アートエンジニアリング
  • 有明アスコン株式会社
  • 不二建設株式会社(HP
  • 富士建設株式会社HP

関連項目[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 東亜道路工業株式会社 第105期(平成22年4月1日 ‐ 平成23年3月31日)有価証券報告書より。

外部リンク[編集]