李策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

李策(り ちぇく、리 책、1972年 - )は、日本のフリーライター在日朝鮮人3世[1]

東京都生まれ[1]朝鮮大学校を卒業後、朝鮮総連での活動(ボランティア活動などではなく「勤務」していたという)を経てフリーライターに[1]

総連に勤務経験のある在日朝鮮人ではあるが、必ずしも朝銀問題北朝鮮による日本人拉致問題に関して核心的な情報に触れうるような立場にはなかった。」としているが「組織を離れた今も、かつての同僚たちから運動の現状について話を聞く機会が多い。」と自認し、独自の情報源から取材を行っている。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『激震!朝鮮総連の内幕―「9・17拉致自白」で変わったのか』(小学館文庫、2003年)
  • 『板橋資産家殺人事件の真相 「日中混成強盗グループ」の告白』(宝島社、2012年)
  • 『「在日」の正体―日本の中枢を席巻する「血と骨」の裏面史』(ミリオン出版、2014年)

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 野村、宮島、呉、浅川、他 2006 p.144 著者紹介より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]