木村護郎クリストフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
KIMURA Goro en 2013

木村護郎クリストフ(きむら ごろう クリストフ、1974年3月29日 - )は、日本の言語学者学術博士(2002年、一橋大学)。専門は社会言語学木村護郎名義の著作もある。

人物[編集]

愛知県名古屋市出身。1997年東京外国語大学ドイツ語学科卒業。2002年、一橋大学大学院言語社会研究科博士課程修了。慶応義塾大学講師、上智大学講師などを経て、2012年上智大学外国語学部ドイツ語学科教授[1][2]。上智大学では、社会言語学とドイツ語授業を担当している。また、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスでも言語動態論、多言語コミュニケーション実践とドイツ語を担当している。

極めて闊達なエスペランティストであり、日本青年エスペラント連絡会(JEJ)の代表を務めたこともある。臼井裕之とともに、事実上日本に初めて「言語権」という概念を紹介した存在としても知られている。学位論文では、ドイツ東部の少数民族言語であるソルブ語と、イギリスコーンウォールケルノウ語をとりあげてフィールド調査を伴った研究を行っている。

著作[編集]

言語論[編集]

ドイツ語学習[編集]

  • 問題発見のドイツ語・モデル1~モデル3(CD付ビデオ教材)(2005年2007年三修社、共著)

脚注[編集]

  1. ^ 上智大学教員プロフィール
  2. ^ 上智大学大学院教員紹介
  3. ^ 一橋大学大学院言語社会研究科 博士学位論文一覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]