朧月夜 (歌曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

『朧月夜』(おぼろづきよ)は叙情歌童謡唱歌文部省唱歌。作詞高野辰之、作曲岡野貞一。 


 \relative c' {
  \new PianoStaff <<
   \new Staff { \key c \major \time 3/4
   r4 r e8 e | c4. d8 e g | g a g4 d | e4. c8 d g | e2 g8 g
   e4. f8 g c | c d c4 g | a4. e8 d d | c2 g'8 g |
   c4. c8 c d | c a g4 a8 e | g4. a8 e e | d2 c8 d |
   e4. c8 e f | g c a4 g | a4. e8 d d | c2 r4 \bar "|."
   }
   \addlyrics {
   な の は な は た け - に い り ひ う す れ
   み わ た す や ま の - は か す み ふ か し
   は る か ぜ そ よ ふ - く そ - ら を み れ ば
   ゆ う づ き か か り - て に ほ ひ あ わ し
   }
  >>
 }

歌詞[編集]

  1. 菜の花畠に、入日薄れ、
    見わたす山の、霞ふかし。
    春風そよふく、空を見れば、
    夕月かかりて、にほひ淡し。
  2. 里わの火影ほかげも、森の色も、
    田中の小路をたどる人も、
    かはづのなくねも、かねの音も、
    さながら霞める 朧月夜。

楽曲解説[編集]

1914年大正3年)『尋常小学唱歌 第六学年用』に初出。検定教科書が用いられるようになった1948年昭和23年)から小学校6年生の音楽教科書において採用され、平成以降も取り上げられている[1]

詩は1番2番とも脚韻を踏み、各行4+4+3+3音で構成されている。特に2番の「も」音の繰り返しが音楽的である。初めの2行に視覚的描写を置き、第3行で体性感覚聴覚に言及し、最後の1行で締める起承転結の一種ともなっている。曲はこれに弱起で始まる3拍子のリズムをあてはめている。

作詞の高野辰之長野県豊田村(現在の中野市)に生まれ、隣の飯山市で小学校の教師をしていた時期があった。飯山市や中野市などを含む長野県の北信地方一帯は江戸時代から換金作物の菜種栽培が盛んで、春には一面の菜の花畑が広がっており、その光景を高野が朧月夜のモチーフにしたと想定される。

おぼろ月夜の館 斑山文庫(長野県野沢温泉村)

高野は「斑山」(はんざん)をとして用い[2]、晩年は長野県の野沢温泉で過ごした[3]1990年には野沢温泉村に記念館「おぼろ月夜の館 斑山文庫」が創立している[4]

しかし、岡野貞一が作曲し、高野が作詞したとする説には、学術的に疑問点も多い(詳しくは岡野貞一の項を参照)。

ポップスの歌手では、1986年には矢野顕子がビデオ『BROOCH』で、1998年には槇原敬之カバー・アルバム『Listen To The Music』で、2004年には元の詩にさらに詩を加える形で、中島美嘉マライア・キャリーが録音を発表した。

2016年(平成28年)1月9日から、JR東海道線二宮駅発車メロディとして採用された(塩塚博による編曲)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大人のための教科書の歌」 70頁。
  2. ^ コトバンク 高野辰之とは(日本大百科全書 ニッポニカの解説)”. 2018年6月4日閲覧。
  3. ^ 高野辰之記念ルーム”. おぼろ月夜の館 斑山文庫. 2018年6月4日閲覧。
  4. ^ コトバンク おぼろ月夜の館 斑山文庫とは(日本の美術館・博物館INDEXの解説)”. 2018年6月4日閲覧。

参考文献[編集]