朝日ソーラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
朝日ソーラー株式会社
ASAHI SOLAR CO,LTD.
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
870-0844
大分県大分市古国府1003-2
設立 1983年3月1日
業種 機械
事業内容 太陽熱温水器(ソーラー)、太陽光発電システム、エコキュート、IHクッキングヒーター、石油小型給湯機、24時間風呂、アルカリイオン整水器、磁活水生成装置、床下小屋裏換気扇及びその周辺機器の製造・販売・施行・保守
代表者 代表取締役社長 林 武志
資本金 9,600万円
主要子会社 アトム株式会社
外部リンク http://www.asahisolar.co.jp/
テンプレートを表示

朝日ソーラー株式会社(あさひソーラー)は、1983年に創業した、太陽熱温水器や24時間風呂等の製造・販売を行う企業。本社は、大分県大分市にある。

概要[編集]

省エネルギー及び環境問題への関心の高まりを背景に、林武志社長以下「朝日軍団」と呼ばれる強力な営業部隊を背景にした訪問販売で急速に業績を伸ばした。強引な販売手法に苦情が相次ぎ、1997年には国民生活センターから社名公表されたことにより、一時、業績が悪化した[1]

CM[編集]

菅原文太が「朝日ソーラーじゃけん」という広島弁の台詞をしゃべるCMは有名。

また1998年から2005年までカズンの『あなたに会えてよかった』がCMソングに使われていた。

また、西田敏行が屋根の上で踊りながら「屋根持っているかー!?」と呼びかけるCMも有名であったが、同時期に発生した阪神・淡路大震災への配慮から、台詞が「天気出てるかー!?」に差し替えられた。

提供番組[編集]

過去[編集]

後述する訪問販売の問題につき途中降板

スポンサー活動[編集]

スポーツイベントやチームへのスポンサー活動も積極的に行っており、かつてはヨットレースのアメリカスカップに参戦するニッポン・チャレンジや、Jリーグ大分トリニータのスポンサーを務めたことがある。

また、最近では、別府大分毎日マラソンのメインスポンサー[2]や、鈴木亜久里率いるF1チーム、スーパーアグリF1チームのスポンサー[3]になっている。

不祥事[編集]

強引訪問販売[編集]

1997年、特商法に違反したとして通商産業省から迷惑勧誘の禁止などの処分を受けた[4]

1998年、処分に従わなかった博多支店が業務停止命令を受けた[4]

2011年10月25日、長時間居座りや深夜の勧誘などの強引訪問販売で消費者庁より2回目の行政処分を受けた[4][5][6]

社員の過労死[編集]

2011年8月31日、労災認定された社員の遺族が、死亡は長時間労働が原因として損害賠償を求める訴訟をさいたま地裁に起こした[7]

朝日ソーラーホーム[編集]

1996年には、朝日ソーラーの営業力を高く評価したトヨタホームと合弁で、住宅販売会社「朝日ソーラーホーム」を設立した。しかし、社名公表による業績悪化に伴い、トヨタが朝日ソーラー出資分の株式を買い取って合弁を解消した。朝日ソーラーホームはその後社名を武蔵トヨタホームと改め、2005年にトヨタホーム東京に吸収合併されている。

ロゴ[編集]

朝日ソーラーの太陽熱温水器のデザインは、歴代で4パターン存在する。

初代
日本語表記で「朝日ソーラー」と書いてある。
2代目
Aをモチーフにした旧ロゴと日本語の[朝日ソーラー]を併記しており、給水口には「朝日」と漢字で表記している。
3代目
基本的なデザインは2代目と同じだが、給水口の表記が「Asahi」になっている。現在は最も多く見かける。
4代目
現行のもの。ロゴが新しくなり、太陽熱温水器自体も現在住宅に融合した、ブラックフェイスを採用している。

脚注[編集]

  1. ^ どん底からの復活!/SAFETY JAPAN
  2. ^ 別府大分毎日マラソン大会
  3. ^ SUPER AGURI F1 TEAM | PARTNER
  4. ^ a b c 朝日ソーラーに勧誘禁止=2回目も「軽い処分」-消費者庁
  5. ^ 長時間居座り、深夜の勧誘…強引訪問販売で朝日ソーラーを行政処分 消費者庁
  6. ^ 平成23年10月25日 訪問販売業者【朝日ソーラー(株)】に対する指示処分について(PDF:263KB)
  7. ^ 社員死亡は長時間労働原因 朝日ソーラー提訴 上司「売り上げ上げるまで帰ってくるな」

外部リンク[編集]