新興産業 (建材)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
新興産業株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
151-0053
東京都渋谷区代々木二丁目20番14号
第一幸新ビル
設立 1976年4月19日
業種 金属製品
事業内容 ベランダ・バルコニー・テラス・外壁材等建築用金属製品の製造・加工・販売
代表者 破産管財人 宮下正彦
資本金 8000万円
関係する人物 安田修(創業者)
外部リンク なし(閉鎖)
特記事項:2003年1月14日解散、2005年11月11日破産手続開始決定。
テンプレートを表示

新興産業株式会社(しんこうさんぎょう)はかつて存在した建材会社。2003年倒産

解説[編集]

1976年設立。本社は東京都渋谷区代々木にあったが、その後渋谷区渋谷の自社ビルに移転し、末期には港区に移転した。

外壁材『パッ!とさいでりあ』や屋根材『パッ!とやねでりあ』を全国発売していたことで知られる。1991年から放送された、作曲家タレント小林亜星を起用した「パッ!とさいでりあ」(作詞:伊藤アキラ / 作曲・編曲:小林亜星)のCMが人気を集め、CMソングはシングルCDとしても発売された(その他に俳優古谷一行も出演していた)。

設立当初はガス漏れ警報器の販売を行っていたが、後にリフォーム業に進出し、約25年にわたり、外壁材・屋根材を中心に、販売・施工の事業を行う。社長(当時)安田修が一代で全国63店舗・2000名の社員を有する会社となり、最盛期1995年には500億円以上の年商を誇り、業界最大手とし業績を伸ばす。もっとも、社員のノルマは大変厳しく(現在でいうところのブラック企業)、その強引な訪問販売も問題となった。1995年秋には、さいでりあ商法が週刊誌で悪徳商法に取り上げられ社会問題となった。翌1996年、テレビ宣伝の自粛を求められると一気に売上が激減すると共に、銀行が新規融資を止めるに至り、2003年には倒産に至った。

軽くて丈夫な外壁材として、金属サイディングや金属屋根材をメジャーにした功績は大きく、同業他社や各メーカーも認めるところであった。

1991年から放送されたテレビCMもユニークで人気があったため、「サイディング=パッ!とさいでりあ」と勘違いしている一般ユーザーも多くいた。

不動産業等他業種への参入を計り、事業所の縮小も行っていくが、経営は改善せず、2003年1月に1回目の不渡り手形を出して経営破綻となり事業を停止、その直後に2回目の不渡りを出して倒産した。負債総額は約220億円。同年1月14日付で解散し清算会社となった。2005年11月11日破産手続開始決定2013年3月現在、破産手続は継続中である。

社長(当時)の安田修は倒産以前は日本中央競馬会馬主として知られ、シンコウラブリイシンコウフォレストシンコウキングなど冠名「シンコウ」の競走馬を所有していた。

かつて同名であった繊維メーカー(現・東洋紡STC)とは人材・資本関係は一切ない。

CMは地域によっては、社名が地域のグループ会社名に差し替えられていた(静岡県を除く東海地区では名古屋新興株式会社(1986年に当社から独立。2004年に自己破産)が担当していたため、テロップが「名古屋新興」になっていた)。

なお、別法人が「パッ!とさいでりあ」「パッ!とやねでりあ」など建材商品の商標、意匠、特許権を買い取り、新事業として2003年10月 株式会社さいでりあを設立しているが、新興産業とは買い取り以外の関係は無い。

提供番組[編集]

北海道ではグループ会社である北海道新興産業株式会社(2006年に自己破産[1])の企業CMに差し替え。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]