月僊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

月僊(げっせん、元文6年1月1日1741年2月16日) - 文化6年1月12日1809年2月25日))は、江戸時代中期から後期にかけての画僧。俗姓は丹家氏。名は玄瑞・元瑞。字は玉成。

生涯と業績[編集]

尾張国名古屋の味噌商の家に生まれる。7歳で得度、玄瑞の名を与えられて浄土宗の僧となる。10代で江戸増上寺に入り、「定月大僧正月俸」の号を賜った。仏門修行の傍ら、雲谷派に連なり「雪舟十二代画裔」と自称した桜井雪館に画を学ぶ。その後上洛して知恩院に住し、円山応挙に師事して写実的画風の感化を受けた。また、与謝蕪村の影響も受け、さらに諸派に学んで独自の画風を確立した。

山水・人物を得意とし、人物の形影が寂寥としていることを特長とする。誰に乞われても必ず画料を取ったので「乞食月僊」と世に知られたが、「画料を官に納めてその利子でながく貧民を救う(月僊金)などの活動」をしていた[1]。知恩院の貫主に懇願されて、1774年安永3年)伊勢国宇治山田(現在・三重県伊勢市)の寂照寺を再興するために入山。画名が高まり画を請う者が絶えず、巨万の富を積みさらに銭をむさぼること甚だしいため、譏る人も多かった。しかしのちに寺の伽藍・山門を建て、経典を購入して倉におさめ、山道の改修・天明飢饉の施米・宮川架橋・文化年間の伊勢大火罹災者の救済などに尽くす姿を見せ、人はみなその功徳に服すようになったという。死に臨んで遺言し、窮身永代救済に千五百両を奉行所へ寄託する。京都妙法院愛知県岡崎市昌光律寺・寂照寺[2]三重県立美術館などに作品が残されている。門下に立原杏所亜欧堂田善村松以弘などがいる。

『列仙図賛』(3巻、天明4年(1784年)刊)、『耕織図』『月僊画譜』などの作品がある。

作品[編集]

作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 年代 款記・印章 備考
寒山 紙本墨画淡彩 1幅 昌光律寺 1770年(明和7年) 款記「明和庚寅春寫月仙」 愛知県指定文化財
龐居士・霊昭女図 絹本著色 双幅 昌光律寺 愛知県指定文化財
授戒三聖像 絹本著色 1幅 昌光律寺 愛知県指定文化財
仏涅槃図 絹本著色 1幅 昌光律寺 1803年(享和3年) 愛知県指定文化財
郡瞽行旅図巻 紙本墨画淡彩 1巻 随念寺 岡崎市指定文化財
倫誉上人像 絹本著色 1幅 随念寺 岡崎市指定文化財
慈恩大師 1幅 大巌院 館山市指定文化財[3]
妙法院白書院障壁画 紙本淡彩 襖19面 妙法院白書院 不詳 款記「月僊」/「月僊」朱文方印 内訳は、「群仙図」8面、「山水人物図」8面[4]
仙人図押絵貼屏風 紙本墨画淡彩 六曲一双 山形美術館(長谷川コレクション)
芭蕉図押絵貼屏風 紙本墨画 二曲一隻 144.9x72.6 善導寺亀山市 款記「月僊」/「寂照主人」朱文方印・「月仙」朱文方印・遊印「書画適禅」朱文方印[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「京都画壇二五〇年の系譜展」 p,156
  2. ^ 岡崎市美術博物館編集・発行 『テーマ展 三河浄土宗寺院の名宝 ─浄土へのいざない─』 2011年10月7日、pp.88-91。
  3. ^ 慈恩大師画像
  4. ^ 財団法人 京都府文化財保護基金編集・発行 『京都の江戸時代障壁画』 1978年6月20日、pp.156-157、220-221。
  5. ^ 亀山市 亀山市歴史博物館編集・発行 『亀山市史 美術工芸編』 2011年3月31日、p.352。

参考文献[編集]

  • 角田九華 『続近世叢語』
  • 伴蒿蹊 『近世畸人伝』
  • 白井華陽 『画乗要略』
  • 『扶桑画人傳』
  • 『続諸家人物志』
  • 『円山・四条派から現代まで―京都の日本画 「京都画壇二五〇年の系譜展」』 京都新聞社/編集 1994年

外部リンク[編集]