伴蒿蹊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

伴蒿蹊(ばん こうけい、享保18年10月1日1733年11月7日) - 文化3年7月25日1806年9月7日))は、江戸時代後期の歌人・文筆家。名を資芳(すけよし)と称し、別号を閑田蘆と号した。生家は近江八幡出身の京都の商家で、8歳で本家の近江八幡の豪商伴庄右衛門資之の養子となった。18歳で家督を継ぎ家業に専念したが、36歳で家督を譲り隠居・剃髪し、その後は著述に専念した。著書『主従心得草』は近江商人の典型的な家訓、他に『閑田詠草』、『閑田耕筆』、『閑田次筆』など。『近世畸人伝』は、著名・無名な人物達の生活と意見が述べられ、17.18世紀江戸時代を知るのに有益な伝記集である。

近世畸人伝[編集]

『近世畸人伝』(正編)は五巻から成り、1790年に京都で出版された。伴蒿蹊著,三熊花顚画。中江藤樹貝原益軒といった有名人から下僕、乞食者まで、あらゆる階層のさまざまな職業の人物百余名の伝記が収録されている。一芸一行にすぐれた者を奇とし、隠士や文士を多く扱うが、無名の町民や農民をも含む[1]。1798年には三熊思孝により『続近世畸人伝』(全五巻)が出版された。正続編合わせて、執筆時期までに故人となった畸人(世人に比べて変わっているが人間としてのあり方が天にかなった人の意)約200人を収める[2]

著名な登場人物としては、正編には中江藤樹、貝原益軒、僧鉄眼、小野寺秀和妻、遊女大橋、売茶翁柳沢淇園池大雅、祇園梶子など、続編には石川丈山、佐川田喜六、僧元政、本阿弥光悦らが収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ 『ブリタニカ国際大百科事典』近世畸人伝
  2. ^ 『日本大百科全書(ニッポニカ)』近世畸人伝

文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]