最首悟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
最首 悟
(さいしゅ さとる)
人物情報
生誕 1936年[1]
福島県生まれ。[1]
学問
活動地域 千葉県育ち。[1]
研究分野 生物学社会学
研究機関 東京大学教養学部、和光大学人間関係学部[1]
特筆すべき概念 生命論いのちろん
主要な作品 生あるものは皆この海に染まり』(1984年)
明日もまた今日のごとく』(1988年)
水俣の海底から』(1991年)
半生(はんせい)の思想』(1991年)
星子が居る』(1998年)
影響を
受けた人物
茅野寛志[1]シモーヌ・ヴェイユ[要曖昧さ回避]
テンプレートを表示

最首 悟(さいしゅ さとる、1936年(昭和11年) - )は、日本の生物学者社会学者評論家。元全共闘活動家。和光大学人間関係学部教授環境哲学)、人間関係学部学部長を経て名誉教授[1]駿台予備学校論文科講師。NPOのオルタナティブ大学であるシューレ大学アドバイザーを勤める。

略歴[編集]

人物[編集]

東大教養学部生物教室助手時代に東大闘争が活発化したが、最首は全学の助手有志とともに「助手共闘」を結成し、その中心メンバーとして全共闘運動に参加した。東大安田講堂事件を経て東大闘争が沈静化した後も、水俣病問題などへ積極的に取り組み、娘の星子が障害を持って生まれて来たことから、障害者問題へも深く関わって来た。そうした社会問題への関与から、大学当局とは対立し、東大では27年間助手を務めたまま定年退職した(なお、当時の国立大学の助手は国家公務員だったので、通常の生活にはさして困るわけではなかった)。その後、私立大学へ教授として迎えられた。

長年にわたって、駿台予備学校へも出講し、当初は生物科講師、のちに医学部受験者用の「医系小論文」を中心とする論文科講師となる。また国立大学の分離・分割方式導入以来、駿台で東大後期入試(2015年をもって廃止)の総合科目I(理系英語)対策の責任者を務め、青本執筆の他、3月の直前セミナーでは当該講座を担当している。

学んでいる学生がつくっているオルタナティヴなシューレ大学の1999年の設立以来顧問・アドバイザーを務めている。当初から続いている生命論(いのちろん)は、生物学、哲学、社会思想、60~70年代の学生運動論、「障碍」論をはじめ、臨機応変、縦横に議論を展開し続けている。

茨城県智森学舎予備校などへの出講経験もある。

著書[編集]

大学受験参考書[編集]

評論集[編集]

単著[編集]

共著・編著・共編著[編集]

寄稿論文・関連記事など[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]