日赤病院前停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日赤病院前駅から転送)
移動先: 案内検索
日赤病院前停留場
日赤病院前電停
日赤病院前電停
にっせきびょういんまえ
- Nisseki-byoin-mae -
U5 鷹野橋 (0.3km)
(0.4km) 広電本社前 U7
所在地 広島市中区千田町一丁目
駅番号 U6
所属事業者 広島電鉄
所属路線 宇品線
キロ程 1.7km(紙屋町起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 1912年(大正元年)11月23日
テンプレートを表示
駅銘板など

日赤病院前停留場(にっせきびょういんまえていりゅうじょう、通称:日赤病院前電停)は、広島市中区千田町一丁目にある広島電鉄電停

宇品方面のみ乗換え電停。

構造[編集]

2面2線の相対式ホーム。ほぼホーム全長にわたって上屋が設けられている。

運行路線[編集]

広島港方面行きホーム
(交差点北側)
1号線3号線 広島港ゆき
3号線 宇品二丁目ゆき
0号線7号線 広電前ゆき
0号線 当電停止まり
本線方面行きホーム
(交差点南側)
1号線 広島駅ゆき
3号線 広電西広島ゆき
7号線 横川駅ゆき

周辺[編集]

運行形態[編集]

歴史[編集]

  • 1912年(大正元年)11月23日 - 開業と同時に高等師範前として設置。
  • 1930年(昭和5年)頃 - 大学前に改称。
  • 1934年(昭和9年)3月 - 紙屋町寄りに100m移設され、現在の位置になる。
  • 1945年(昭和20年)
    • 8月6日 原爆投下により、運行休止。
    • 9月12日 電鉄前 - 紙屋町が単線で復旧。
  • 1964年(昭和39年)2月18日 - 広島大学前に改称。
  • 2001年(平成13年)11月1日 - 日赤病院前に電停名を改称。同時に当電停止めの電車が設定される[1]
  • 2003年(平成15年)8月1日 - 隣の広電本社前電停とともに乗換電停の指定を受ける[2]

隣の停留場[編集]

広島電鉄
宇品線
鷹野橋電停 (U5) - 日赤病院前電停 (U6) - 広電本社前電停 (U7)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 11月1日、ダイヤが変わります - 広島電鉄 - ウェイバックマシン(2001年12月20日アーカイブ分)
  2. ^ “乗換制度変更のお知らせ” (プレスリリース), 広島電鉄, (2003年7月31日), http://www.hiroden.co.jp/what/new/topic0307-09.htm 2015年11月8日閲覧。 

参考文献[編集]

  • 長船友則著『広電が走る町 今昔』 JTBパブリッシング、2005年 ISBN 4-533-05986-4

関連項目[編集]