日明恩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日明 恩
(たちもり めぐみ)
誕生 1967年
日本の旗 日本神奈川県川崎市
職業 小説家推理作家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 日本女子大学卒業
活動期間 2002年 -
ジャンル 警察小説ミステリ
主な受賞歴 メフィスト賞(2002年)
デビュー作 『それでも、警官は微笑う』(2002年)
配偶者 青木たかお漫画家
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日明 恩(たちもり めぐみ、1967年 - )は、日本小説家推理作家神奈川県川崎市出身。日本女子大学卒業[1]。夫は、漫画家青木たかお

経歴[編集]

都筑道夫の小説講座に通い小説を書き始める[2]大学病院外科教授秘書を勤める傍ら[3]2002年、『それでも、警官は微笑う』(応募時のタイトルは「迎日」)で第25回メフィスト賞を受賞し、小説家デビューする。2003年消防士を主人公にした『鎮火報 Fire's Out』で第25回吉川英治文学新人賞候補。2012年、静岡県浜松市天竜区にある3高校[4]の生徒が、同年代に勧めたい1冊を選ぶ第4回天竜文学賞に『ギフト』が選ばれる[5]

作品リスト[編集]

単行本[編集]

  • 武本&潮崎シリーズ
    • それでも、警官は微笑う(2002年6月 講談社 / 2005年4月 講談社ノベルス / 2006年7月 講談社文庫 / 2011年1月 双葉文庫
    • そして、警官は奔る(2004年2月 講談社 / 2007年2月 講談社ノベルス / 2008年8月 講談社文庫 / 2011年4月 双葉文庫)
    • やがて、警官は微睡る(2013年2月 双葉社 / 2016年2月 双葉文庫)
    • ゆえに、警官は見護る(2018年11月 双葉社)
  • Fire's Outシリーズ
    • 鎮火報 Fire's Out(2003年1月 講談社 / 2005年9月 講談社ノベルス / 2008年2月 講談社文庫 / 2010年11月 双葉文庫)
    • 埋み火 Fire's Out(2005年8月 講談社 / 2010年11月 双葉文庫)
    • 啓火心 Fire's Out(2015年6月 双葉社 / 2018年6月 双葉文庫)
  • シリーズ外作品
    • ギフト(2008年6月 双葉社 / 2011年12月 双葉文庫)
    • ロード&ゴー(2009年10月 双葉社 / 2012年9月 双葉文庫) - Fire's Outシリーズの人物も登場する
    • 優しい水(2017年3月 徳間書店)

アンソロジー[編集]

「」内が日明恩の作品

連載[編集]

  • 優しい水(『読楽』2015年5月号 -2016年6月号 )

単行本未収録短編[編集]

  • 南武信用金庫シリーズ
    • 担保調査の彼女(新潮社小説新潮』2013年2月号)
    • 口座開設の彼(新潮社『小説新潮』2013年9月号)
    • クレーマーからのご意見(新潮社『小説新潮』2014年2月号)
    • 金曜午後二時十分の彼女(新潮社『小説新潮』2014年9月号)
  • 山の中の犬(徳間書店読楽』2014年11月号)

脚注[編集]

外部リンク[編集]