新陽郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新陽郡
位置
DPRK2006 Pyongnam-Sinyang.PNG
各種表記
ハングル 신양군
漢字 新陽郡
発音 シニャン=グン
ローマ字転写 Sinyang kun
テンプレートを表示

新陽郡(シニャンぐん)は、朝鮮民主主義人民共和国平安南道に属する

地理[編集]

隣接行政区[編集]

行政区域[編集]

1邑・1労働者区・16里を管轄する。

  • 新陽邑(シニャンウプ)
  • 仁坪労働者区(インピョンロドンジャグ)
  • 冠城里(クァンソンリ)
  • 光興里(クァンフンリ)
  • 徳興里(トクンリ)
  • 龍蓮里(リョンリョンリ)
  • 龍雲里(リョンウンリ)
  • 文明里(ムンミョンリ)
  • 白石里(ペクソンリ)
  • 四介里(サゲリ)
  • 松洞里(ソンドンリ)
  • 松田里(ソンジョンリ)
  • 双龍里(サンリョンリ)
  • 雲峯里(ウンボンリ)
  • 長山里(チャンサンリ)
  • 長城里(チャンソンリ)
  • 池洞里(チドンリ)
  • 滄渓里(チャンゲリ)

歴史[編集]

新陽郡は、第二次世界大戦後、北朝鮮によって新設された郡である。1945年8月時点における、平安南道陽徳郡成川郡の一部にあたる。

1952年12月、平安南道陽徳郡の双龍面・化村面・呉江面と、成川郡大邱面を併合して、新陽郡が設置された(1邑16里)。新陽邑は旧双龍面の松田里に置かれた。1953年には邑所在地を倉坪里(旧大邱面の一部)に移した。

1967年には陽徳郡から2里、成川郡から1里を編入。2003年時点で、1邑1労働者区16里から構成されている。

年表[編集]

この節の出典[1]

  • 1952年12月 - 郡面里統廃合により、平安南道陽徳郡双龍面・化村面・呉江面、成川郡大邱面をもって、新陽郡を設置。新陽郡に以下の邑・里が成立。(1邑16里)
    • 新陽邑・四介里・文明里・滄渓里・白石里・龍雲里・龍蓮里・長城里・雲峯里・倉坪里・長山里・池洞里・華泉里・双龍里・冠城里・龍和里・光興里
  • 1953年 (1邑15里)
    • 龍和里が冠城里・白石里に分割編入。
    • 白石里の一部が冠城里に編入。
    • 冠城里の一部が光興里に編入。
    • 新陽邑が松田里に降格。
    • 倉坪里および華泉里の一部が合併し、新陽邑が発足。
  • 1967年 - 陽徳郡平元里・松洞里、成川郡徳興里を編入。(1邑18里)
  • 1983年 - 平元里・華泉里が合併し、仁坪労働者区が発足。(1邑1労働者区16里)

交通[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 평안남도 신양군 역사