清南区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清南区
位置
DPRK2006 Pyongnam-Chongnam.PNG
各種表記
ハングル 청남구
漢字 清南區
発音 チョンナム=グ
ローマ字転写 Ch'ŏngnam-gu
テンプレートを表示

清南区(チョンナムく)は朝鮮民主主義人民共和国平安南道に属する行政区域。市・郡と同様、道に直属する。

地理[編集]

平安南道の沿海部北端にある文徳郡内の西部に位置する。

清南区には輸出品生産基地が存在している[1]

行政区域[編集]

9洞・2里を管轄する。

  • 強盛洞(カンソンドン)
  • コムン金洞(コムングムドン)
  • 楽園洞(ラグォンドン)
  • 文化洞(ムヌァドン)
  • 産業洞(サノプトン)
  • 相逢洞(サンボンドン)
  • セゴリ洞(セゴリドン)
  • 孝誠洞(ヒョソンドン)
  • 龍北里(リョンブンリ)
  • 新里(シルリ)

歴史[編集]

1980年2月、平安南道文徳郡の安州労働者区および新里、龍北里の各一部を合併し、郡と同等の行政区域として新設した。

年表[編集]

この節の出典[2]

清南区(第1次)[編集]

  • 1980年2月 - 平安南道文徳郡安州労働者区および新里・龍北里の各一部地域をもって、清南区を設置。(7洞)
    • 安州労働者区が分割され、文化洞・相逢洞・コムン金洞・楽園洞・忠誠洞・産業洞が発足。
    • 新里・龍北里が合併し、セゴリ洞が発足。
  • 1997年 (8洞)
    • 産業洞の一部が分立し、孝誠洞が発足。
    • セゴリ洞の一部が楽園洞に編入。
  • 1997年末 - 清南区廃止。
    • 文化洞・相逢洞・忠誠洞・孝誠洞・コムン金洞・楽園洞・産業洞・セゴリ洞が文徳郡に編入。

清南区(第2次)[編集]

  • 1999年 - 平安南道文徳郡文化労働者区・相逢労働者区・忠誠労働者区・孝誠労働者区・新里・龍北里および西湖労働者区の一部地域をもって、清南区を設置。(9洞2里)
    • 文化労働者区が分割され、文化洞・楽園洞が発足。
    • 相逢労働者区が分割され、相逢洞・コムン金洞が発足。
    • 忠誠労働者区が分割され、忠誠洞・セゴリ洞が発足。
    • 孝誠労働者区が分割され、孝誠洞・産業洞が発足。
    • 西湖労働者区が強盛洞に昇格。

交通[編集]

外部リンク[編集]

[編集]

  1. ^ NKchosun.com「朝鮮清南貿易会社」
  2. ^ 평안남도 청남구 역사