愛媛県道18号松山空港線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
愛媛県道18号標識

愛媛県道18号松山空港線(えひめけんどう18ごう まつやまくうこうせん)は、愛媛県松山市の西部をほぼ東西に走る主要地方道

概要[編集]

当路線は、

  • 松山市北斎院町・南斎院町を抜ける北部路線(新空港通り)
  • 松山市高岡町や空港通・竹原町・土橋町と抜ける南部路線(旧空港通り)

の2路線に分かれる。松山では北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と呼ぶのが一般的となっており、市内の交通情報案内板の表示に書かれている「新空港通り経由」とは当路線の北部路線を指し、「旧空港通り経由」とは当路線の南部路線を指す。(以後便宜上、北部路線を「新空港通り」、南部路線を「旧空港通り」と表記する。)

なお、旧空港通りよりも以前に空港通りが存在していた。現在の旧空港通りよりも少しばかり北側に入った、通称「吉田街道」と言う東西に走る道路である。この街道は、昔の温泉郡北吉田村、南吉田村、高岡村等の生石5ヶ村から御城下へ向かう道であった。今もなお当時の名残から、狭細区間ながら伊予鉄道郊外バス56番「三津・吉田線」が走っている。

新空港通り

旧空港通りが日中、慢性的な交通渋滞を起こしていたため、1998年平成10年)に供給された片側2車線が確保された比較的新しい路線である。

弁天山トンネル(上り896m・下り883m)・岩子山トンネル(上り328m・下り335m)の2本のトンネルを有する。松山市内の県道でトンネルが整備されているのは、当路線と松山港線だけである。供給されてまだ日が浅いためか、沿線に商業店舗・工場などが少ない。そのためか、旧空港通りの渋滞解消に役立っているとは言い難い。

旧空港通り

松山の空の玄関・松山空港と市街地を結ぶ、県下でも有数の交通量を誇る路線である。

県下有数の交通量の割に、片側1車線しかなく慢性的な交通渋滞を引き起こしている。新空港通りが開通後も渋滞が解消されることはない。その要因の1つに、この旧空港通り沿線には多くの商業施設・工場が立ち並ぶ、その利便性が考えられる。

空港通入口交差点から松山松前伊予線と重複するが、重複後は南側に伊予鉄道郡中線が走る。ここまで来ると、今度は松山中心部を目指す車で渋滞が起こる。ちなみに松山松前伊予線重複区間から終点の国道56号までの区間は、かつて国道56号線であった。

終点地となる北藤原交差点は5叉路の交差点である。しかし終日の通行規制で北方向(国道56号・松山北部方面)にしか曲がれない。

路線データ[編集]

路線状況[編集]

重複区間[編集]

名称・愛称[編集]

  • 空港通り
  • 新空港通り
  • 旧空港通り

地理[編集]

通過する自治体[編集]

主な接続道路[編集]

沿線周辺の主な施設[編集]

空港

鉄道駅

バス駅

  • 伊予鉄道郊外バス52番・53番「奥道後・松山空港線」
    • 松山空港
    • 南吉田口
    • 南吉田東
    • 久保田
    • 富久口
    • 松山斎院営業所口
    • 空港通三丁目
    • 空港通一丁目
    • 竹原町南
  • 伊予鉄道郊外バス56番「三津・吉田線」
    • 土橋

教育施設

公共施設

その他

関連項目[編集]