意非神社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
意非神社
Oi-jinja01s4592.jpg
拝殿
所在地 鳥取県八頭郡若桜町屋堂羅1
位置 北緯35度20分42.0秒
東経134度24分13.6秒
座標: 北緯35度20分42.0秒 東経134度24分13.6秒
主祭神 天饒日尊
社格 式内社
旧村社
創建 不明
別名 意非の宮(旧称)
例祭 10月9日
地図
意非神社の位置(鳥取県内)
意非神社
意非神社
テンプレートを表示

意非神社(おいじんじゃ、いひじんじゃ)は、鳥取県八頭郡若桜町にある神社。祭神は天饒日尊、神紋は違い矢紋。式内社、旧社格は村社

概要[編集]

天饒日尊の末裔が祖神を祀った神社である。平安時代延喜式神名帳927年)に記載されている千年以上の歴史を持つ古社で、若桜宿から八東川を越えた屋堂羅地区の入口の丘上に鎮座する。

古くは「意非の宮」と呼ばれ一ノ宮谷(不香田)にあったが、武内宿禰が境内より放った矢が落ちた地である矢落谷(=矢堂羅=屋堂羅)に遷座されたと伝わる。丘を下ったところに日本一の大きさのがある。

境内[編集]

日本一の大幟

1945年(昭和20年)ごろまで存在した意非神社の「五反のぼり」の再建として平成元年10月8日に建立された。 屋堂羅産の(樹齢100年、高さ31m)を竿としている。幟の大きさは縦26.8m、横1.8mで、畳30枚の広さに相当する。 揮毫は、幟が坂野重信、掲揚台が西尾邑次、記念碑は竹本憲治による。

日本有数の木製大鳥居

明仁天皇即位20年を記念し、平成23年1月30日に建立された。 幟竿と同じく屋堂羅産の(樹齢80年以上、高さ18mを製材)にて建立。 大きさは縦10.8m、横9.2mで、木製鳥居では日本で五本の指に入る。(平成23年5月現在) 社号表揮毫は鳥取県神社庁庁長永江則英による。発起及び総責任者は、意非神社総代長伊井野政之による。

現地情報[編集]

所在地
交通アクセス
周辺

外部リンク[編集]