八東川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
八東川
Hatto river.jpg
若桜鉄道徳丸駅付近に架かる第二八東川橋梁[1]
水系 一級水系 千代川
種別 一級河川
延長 39.1 km
平均流量 -- m³/s
流域面積 417.3 km²
水源 戸倉峠(鳥取県)
水源の標高 -- m
河口・合流先 千代川(鳥取県)
流域 日本の旗 日本 鳥取県
テンプレートを表示

八東川(はっとうがわ)は、千代川水系最大の支流で、鳥取県南東部を流れる一級河川

地理[編集]

鳥取・兵庫県境の戸倉峠西側に発し、氷ノ山南西麓から支流を集めつつ西流。南から加地川が注ぐと一旦北西流に転じて舂米川を合わせ、若桜市街を流れる。八頭町に入ってからは北東から細見川、南から大江川が合流しつつ概ね西流。鳥取市に入ると同時に北東からの私都川を合わせ、市町境から西へ約1.5kmの同市河原町河原付近で千代川に注ぐ。

流域の自治体[編集]

鳥取県
八頭郡若桜町八頭町鳥取市

支流[編集]

  • 加地川
  • 舂米川
  • 細見川
  • 大江川
  • 私都川

並行する交通[編集]

流域の観光地[編集]

脚注[編集]