式守勘太夫 (5代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

5代式守勘太夫(ごだい しきもりかんだゆう、1901年9月27日 - 1984年5月18日)は大相撲の元三役行司。所属は伊勢ノ海部屋鏡山部屋伊勢ヶ濱部屋

人物[編集]

青森県八戸市出身。本名は岡村熊太郎。初め伊勢ノ海部屋に入門するが、のち5代鏡山(元幕下金木山)の養子となる。しかし、鏡山部屋は1944年11月場所限りで伊勢ヶ濱部屋へ吸収合併された。

1913年1月、「式守熊太郎」の名で初土俵1926年1月、4代式守与之吉襲名。1933年1月十両格、1938年1月に5代式守勘太夫を襲名。1940年5月幕内格、1951年5月に年寄・6代鏡山を襲名し二枚鑑札1956年5月、三役格行司に昇格。1958年に二枚鑑札が廃止されたため、同年5月場所を最後に行司を引退し、年寄専務のまま1966年9月に停年退職した。

1951年8月2日、年寄・武蔵川(元前頭出羽ノ花)、楯山(元関脇幡瀬川)、秀ノ山(元関脇笠置山)の3人とともに、ブラジル邦人相撲連盟の招待で相撲指導のため渡伯した。

相撲字に関しては「名人」と称され能筆で、永らく番付の書き手(戦後2人目)を務めた(1952年1月 - 1966年9月、行司引退後も停年まで務めた)。読売新聞東京本社発行、隔月刊「大相撲」2010年9月号を最後に休刊)の表紙題字[1]は5代勘太夫の書によるものである(目次欄に「題字・鏡山勘太夫」と記載されている)。

事務能力にも長けていたため、定年退職後も協会嘱託として5年間務めた。1984年5月18日、東京江戸川区南小岩の自宅で心不全のため逝去。享年84。満82歳没。弟子に7代勘太夫9代勘太夫がいる。


履歴[編集]

関連項目[編集]