鏡山 (相撲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鏡山(かがみやま)は日本相撲協会年寄名跡のひとつで、初代・鏡山が四股名として名乗っていたもので、その由来は定かではない。過去に大阪相撲の頭取にも同名の「鏡山」があったが、東西合併によりそちらの方は廃家となった。

鏡山の代々[編集]

  • 代目の太字は、部屋持ち親方。
代目 引退時しこ名 最高位 現役時の所属部屋 襲名期間 備考
初代 鏡山源助 --- ---
2代 四海波静太夫 前2 境川-宮城野-境川部屋 1879年6月-1883年11月(死去)
3代 司雲龍照吉 十9 境川部屋 1891年1月-1893年1月(廃業) 二枚鑑札
4代 祇園山萬平 十6 湊-梅ヶ谷-雷部屋 1898年5月-1908年10月(死去)
5代 金木山弥一郎 下43 雷部屋 1911年6月-1945年1月(死去)
6代 行司・5代式守勘太夫 --- 伊勢ノ海-鏡山-伊勢ヶ濱部屋 1951年5月-1966年9月(停年(定年)退職) 二枚鑑札
7代 柏戸剛 横綱 伊勢ノ海部屋 1969年7月-1996年12月(死去)
8代 多賀竜昇司 関脇 鏡山部屋 1996年12月-

関連項目[編集]