式守勘太夫 (9代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

9代式守 勘太夫(しきもり かんだゆう、本名:三浦 国男、1942年8月17日 - )は大相撲の元三役行司伊勢ヶ濱部屋桐山部屋所属。

人物[編集]

青森県三戸郡五戸町出身。血液型O型。

師匠は5代式守勘太夫6代鏡山勘太夫)である。

初土俵から26年掛けて十両格に昇進した苦労人である。明らかに他の行司に比べて太っており、動きがやや緩慢ではあったが、差し違えは少なく、独特の荒々しい声の持ち主であった。

2007年7月場所をもって停年(最後の裁きは関脇琴光喜前頭6枚目稀勢の里戦)

履歴[編集]

出演[編集]

CM