式守勘太夫 (7代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
7代式守勘太夫 Sumo pictogram.svg
基礎情報
行司名 式守鶴夫 → 式守貢市 → 式守勘之助 → 式守更一郎 → 6代式守与之吉 → 7代式守勘太夫
本名 江川鶴夫
生年月日 1924年10月16日
没年月日 (2002-09-30) 2002年9月30日(77歳没)
出身 鳥取県境港市
所属部屋 鏡山部屋伊勢ヶ濱部屋
データ
現在の階級 引退
初土俵 1938年夏
幕内格 1961年11月
三役格 1988年1月
引退 1989年9月
備考
2017年1月13日現在

7代式守勘太夫(ななだい しきもりかんだゆう 1924年10月16日-2002年9月30日)は大相撲の元三役行司。三役格としての在位期間は1988年1月~1989年9月。鏡山部屋伊勢ヶ濱部屋所属。

人物[編集]

鳥取県境港市出身。本名は江川鶴夫。師匠は5代式守勘太夫6代鏡山勘太夫)である。

1938年に式守鶴夫の名で初土俵。以後貢市、勘之助、更一郎と改名し、1954年3月に式守勘之助の名で十両格に昇格。1958年7月6代式守与之吉襲名。1961年11月に幕内格昇格。1967年5月に7代式守勘太夫襲名。幕内格昇格から27年後の1988年1月に三役格に昇格。三役格を11場所勤め、1989年9月場所後停年。最後の裁きは前頭8枚目両国(現境川) - 同筆頭水戸泉(現錦戸)。

2002年9月30日逝去。77歳没。

評価[編集]

1972年に開始された行司抜擢制度の煽りを食った一人で、雑誌などの文献によると、木村筆之助とともに力量が劣っていたようで、24代木村庄之助からも名指しで「まずいねえ」と言われている[1]。そのため、幕内格筆頭まで進みながら8代式守錦太夫14代木村庄太郎6代木村庄二郎の3名に次々抜かれ、なかなか三役格に昇格できなかった。この人事について行司研究家の根間弘海氏は、勘太夫にも言い分はあったかもしれないが、行司を続ける限り、理事会の決定は受け入れざるを得ない状況があったと述べている[1]

エピソード[編集]

  • 1987年10月に三役格の2代式守伊三郎が死去。同年11月場所では4横綱4大関の豪華布陣となり、三役格が14代庄太郎と6代庄二郎の2人しかいなかったこともあり幕内格のままで大関取組を裁いた。彼が三役格に昇格したのは翌1988年1月であるが、場所前に横綱双羽黒が廃業。3横綱4大関の布陣となったため、三役格では大関の取組を裁くことなく停年を迎えた。
  • 高見山(前頭4枚目)が初優勝を決めた一番を裁いたのは彼である(1972年7月場所千秋楽、同7枚目旭國戦)。

履歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 根間弘海 (2016)『大相撲行司の房色と賞罰』

関連項目[編集]