府中駅南口市街地再開発事業計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
再開発完了後の府中駅南口
けやき並木通り右側が開発地。左側に仮店舗が見える。右手がフォーリス

府中駅南口市街地再開発事業計画(ふちゅうえきみなみぐちしがいちさいかいはつじぎょうけいかく、Fuchu Station south entrance urban redevelopment business scheme)は、東京都府中市京王線府中駅高架化事業に伴って施行された、南側市街地第一種市街地再開発事業計画である。

再開発地区は、A地区からF地区の6地区に分けられており、府中駅南口から、旧甲州街道大國魂神社付近(けやき並木通り)にかけての木造低層商業地区防災のための土地区画整理事業と、大型複合施設の建設が計画の中心である。2017年7月14日の武蔵府中ル・シーニュの開業をもって、本計画は完了した。

府中駅高架化[編集]

府中駅は京王線の特急停車駅であり、府中市の中心となる駅でもある。京王電鉄の駅の中で、接続路線がない途中駅としては利用者数が最多となっている(2019年度現在)[1]

1981年昭和56年)10月より府中駅周辺連続立体交差事業による高架化工事に着手し[2]1991年平成3年)4月27日に連続立体交差事業が完了[2]1993年(平成5年)3月1日より新駅舎の使用が開始された[3]

府中駅南口の再開発完了後は、2018年平成30年)2月22日に運行開始した京王電鉄初の有料座席指定列車京王ライナー」停車駅(始発の新宿駅から最初の停車駅)に設定され、ますますその重要性が高まった。

計画概要[編集]

A地区(第一地区)[編集]

A地区:工事中
A地区:武蔵府中ル・シーニュ プラウド府中ステーションアリーナ

B地区(第二地区)[編集]

B地区:伊勢丹府中店と専門店街フォーリス
B地区:KDX府中ビル(旧:府中サウスビル)

C地区(第三地区)[編集]

C地区:くるる
  • 商業住居複合施設のくるる(グランタワー府中)が立地する、府中駅南口を出てペデストリアンデッキ東側の地区。
  • 再開発の計画は早かったものの、準備段階において、開発前に区画内の最大地権者であった西友府中店が撤退したため、計画が遅れた。
  • 府中駅南口第三地区市街地再開発組合による再検討の結果、商業住居複合施設の建設が決定し、核店舗としてTOHOシネマズトイザらスの出店が決定し、計画が実行に移された。
  • 2002年に着工し、2005年3月中旬に竣工した。

D・E・F地区[編集]

  • 南口東側のD、E、F地区については、区画整理事業についてはほぼ終了しているものの、高層住宅化が進み、一部を除いてまとまった商業地域再開発はいまのところ計画されていない。

歴史[編集]

年表[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1日の駅別乗降人員 2019年度・2018年度 京王電鉄
  2. ^ a b c d 第2章 首都圏の大動脈へ 1 連続立体交差事業の推進 京王電鉄50年史「第3部 企業体質の抜本的改善とグループの再編成(1986~1998)」、京王電鉄公式サイト、2019年12月15日閲覧。
  3. ^ a b 2019年京王ハンドブック 年表 京王電鉄公式サイト、2019年8月、2019年12月15日閲覧。
  4. ^ 施設概要”. 【公式】武蔵府中 LE SIGNE [ル・シーニュ]. 2020年6月21日閲覧。

関連項目[編集]

  1. フォーリス / 伊勢丹府中店
  2. くるる (東京都府中市)
  3. 武蔵府中ル・シーニュ

外部リンク[編集]