川野純治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

川野 純治(かわの じゅんじ、1954年昭和29年)9月22日 - )は、日本政治家沖縄県名護市議会議員、日本の新左翼党派の沖縄解放同盟準備会の元活動家、テロリスト1975年、当時の皇太子皇太子妃沖縄訪問に抗議し、ひめゆりの塔事件を起こした。熊本県球磨村生まれ 鹿児島県出水市育ち[1]

来歴[編集]

1975年7月17日皇太子明仁親王(当時)および、同妃が、第二次世界大戦後初めて沖縄県を訪問していた。正午頃、沖縄県糸満市の白銀病院で入院中の患者、もしくは見舞い客に偽装し、3階のベランダに潜伏した[2]。皇太子明仁親王(当時)、同妃の車両が病院の下を通過する際、川野は「皇太子帰れ、天皇制反対」等と叫びながらガラス瓶やスパナ、石などを投擲し、警備車両を破損した。川野は公務執行妨害現行犯逮捕された。なお当時の沖縄解放同盟準備会は「流血も辞さないたたかいで皇太子上陸を阻止する」と1975年初頭に宣言している。その後、川野に対する懲役1年6ヶ月の実刑判決が確定し、服役した[2][3]

2010年9月、名護市議選に社民党の推薦を受けて立候補した。米軍基地の移設反対を徹底すると訴えて当選した。当選後、「名護市は生まれ変わる。稲嶺市政を支えて基地問題を解決したい」と語った[4]。また、ある市議は、1975年の事件のことは投票日直前に一部市民の間で流れたが、ほとんどの市民は知らなかったと指摘した[5]財団法人「わびあいの里」により公表されていた肩書きは、「社団法人沖縄県官公庁労働者共済会職員」であった[1]

脚注・出典[編集]

関連項目[編集]

関連本[編集]